庶民派 音楽家 伊藤龍太

いろいろ、書いたり、作ったり、歌ったり

タグ:フルトヴェングラー

フルトヴェングラー (河出文庫) [文庫]応援ポチあさて、昨日に引き続き、吉田秀和の「フルトヴェングラー」の話。彼の指揮は「植物」である、みたなことを書いてあったし、私もそれに同意だとということを昨日かいた。つまり、音楽の前後の物語を有機的に結びつけ、その内容…
>>続きを読む

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」アーティスト:ショルティ(サー・ゲオルグ)ユニバーサル ミュージック クラシック(2007-02-21)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る ベートーヴェンの第九と言えば、やっぱりフルトヴェングラー/バイロイト祝祭o、いわゆる「バイロイト…
>>続きを読む

Beethoven: Symphonies 1-9アーティスト:Beethoven販売元:Angel発売日:1992-11-30クチコミを見る 名指揮者シューリヒトの一番ポピュラリティがある名盤と言ったらコレ!正規録音だし、手に入りやすいし、ベートーヴェンだし。 昨日今日と1番2番7番と聴いているけ…
>>続きを読む

Mozart: Marriage of Figaro (Complete); Magic Flute (Complete) [Germany]アーティスト:Vienna Po販売元:Quadromania Klassik発売日:2005-05-16クチコミを見る 夜の女王:ヴィルマ・リップ(S) ザラストロ:ルートヴィヒ・ヴェーバー(Bs) パミーナ:イルムガル…
>>続きを読む

ベートーヴェン:交響曲第4番/交響曲第7番アーティスト:フルトヴェングラー(ウィルヘルム)/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団販売元:delta classics発売日:2006-05-31おすすめ度:クチコミを見る CD大処分、いまだ完遂せず(´−д−;`)。 いまひたすら検品して…
>>続きを読む

田園が聞きたくなって、ワルターではなくフルトヴェングラーをチョイス。 ワルターは初夏、フルトヴェングラーは秋って感じがする。なにはともあれ、非常に上手でした(吉田御大風)(この言い方、ムカつかない?)(でも、吉田御大、尊敬してます)。 ルガノでのライ…
>>続きを読む

おぉ、今日はチャイコか!(←自分に驚いている) なんか久し振りに聞きたくなった。チャイ5は村便スキーや麺ゲルベルクなど数枚持ってるけれど、やっぱりカラヤンかなぁと思う。この曲はただぼーと聞くのがいいのであって、村便とか「そんなに神経質にやらなくとも」とか…
>>続きを読む

◆フルトヴェングラーかカラヤンか/ヴェルナー・テーリヒェン 面白かったが、そうだろうな、という感じ。要は本書はカラヤン論である。 それと、ベルリンpoは規格外の個性を待ちわびているんだなと感じた。カラヤンとフルトヴェングラー、両者とも愛おしく感じるよう…
>>続きを読む

三日走らず。 昨日は朝までコース…。昼過ぎ起きるも二日酔い。走るなんてとてもとてもいえいえ何をおっしゃいますやら奥さん。 夜「吐きたいなぁ」と思うが、ほとんど何も食べてないので出すものが無い。そこで一番キそうなロイヤルミルクティをトリンケン。気持ち良…
>>続きを読む

風邪引いた。一体何度同じ事を書くのだろう。でも今日のは凄かった。ポケットティッシュを4個も使った。それでも治まらず、なけなしの2000円を卸し、鼻炎薬を買い鼻水は治まるも、今度は口が砂漠のようにパサパサに。ひどい一日だった。 なぜかシューベルトのグレイトを…
>>続きを読む

カラヤンの運命交響曲を聞いたけど、すごく良かった。クライバーより全然良いと思った。 僕がクラシックを聞き始めた時は、カラヤンの死後ちょっと経った時で、あー良かったやっと死んでっ、みたいな意見をよく目に耳にしました。 そっかー死んで良かった指揮者なんだ…
>>続きを読む

今日も朝ランしました。本当はもっと早起きするつもりでしたが、寝坊したので一周だけですが〜。 まだ朝早かったので涼しく、排気ガスも少なめで気持ち良かったです。出社前の朝ラン、オススメです。 夜のランニングは、景色が真っ暗なんで、ともすれば単調です。朝は…
>>続きを読む

フランクの交響曲を聞いていると親近憎悪みたいなものを感じる。「俺はこうなるまい」と強く思う。 頭で考えられた音楽。技術そのものが目的になっているような作風。ムソルグスキーとは対極の作曲家のように思う。 当時はフランキストなんて派閥ができるほどの信奉者…
>>続きを読む

今日、海に行って以来、初めて走った。そろそろやばいだろうと思いまして。 で、楽なんですね。走るのが。実家に帰って体重計に乗ったら3キロ減っていたせいかも知れません。涼しかったからかも知れません。遠泳で体力が付いたのかも知れません。晩飯を食べてかなり時間を…
>>続きを読む