シンガーソングライター 伊藤龍太 頭ん中

いろいろ、書いたり、作ったり、歌ったり

カテゴリ:音楽活動 > DTM TIPS




いま、妻に愚痴られながら、ミックスを頑張ってる、半分終わった。

で、いままで、モニターヘッドフォンとして、パナソニックの安いやつを使っていた。しかし、このたび落として割れた。

そこでスペア(持ってるんかい!)のを使っていたのだが、その黒いイヤーパッドが剥げて、自分の耳について、それで子供を抱っこするもんだから、子供にもその黒いのが付着する。

「子供に付着すからやめて」という、妻のありがたーいひとことで、定番のこれをありがたく購入させていただいた。自費だけど。

で・・・・。

聴いて驚いた。早く買っておけばよかった。

そして、いままで、これを使っておけば、もっと早く作業が進んだろうにと、後悔。

それくらい、このヘッドフォンのモニター力には感動した。

普通のヘッドフォンが、音で包み込むとすると、このヘッドフォンは、映画のように、目の前に音を平板に映し出す。音が本当にモニターしやすい。

例えば、L100に楽器を振ったとすると、普通のヘッドフォンは、円を描いて自分の左後方に回り込み、潜在化に心に訴えてくる、そんな印象。それは、音楽として、とっても正しいんだけど。

このMDR-CD900STは、そのまま、水平に左に移動するだけ、という印象。しかし、おとは潜在しない、ずっと健在している。これがすごい。まさに音をモニターできるのだ。

本当にミックスが楽になった。

これで作った2mixで、普通の「スピーカー」ないし「ヘッドフォン」「イヤホン」で「音楽」として鳴っているか、それを確認するだけでよい。

ただし、本当に、リスニングとして使うのにはとても味気ない。なんか、お仕事、みたいな感じになる。これを買うまでは「モニターで鳴ってる音で聞くのがいちばんよかろう」と思っていて、それを知ってか、リスニング目的でこれを買っているオタクらを「ケ」とか思っていたけれど、買ってみてわかった。これはつまらない。モニタリングは「音楽」ではないのだな。どちらかというと、サイエンスに近い。

モニタースピーカーで音楽を聴いてるとなんかつまらない。だから、わざわざBluetoothで、安物のスピーカーに飛ばして聴いている、自分は正しかったのだな。

これで街を歩いているオタクは少しかわいそうに思えてきた。まあ、自己満足だからいっか。

これ持ってないDTMerの方は、絶対勝った方がいいですよ。

あ、でも偽物も出回っているから気を付けてくださいね。僕はsound houseで買いました。

【2017年8月1日追記】
突然なんですが、Windows10で普通にA-500Sが使えるようになっています。
僕だけでしょうか?ぜひ試してみてください。

Windowsの仕様が変わったからなのでしょうか?
そもそも、Windows7から10に代わる際に
「使えなくなるアプリケーションはない」と高らかにうたっていました。
それを僕たちは、もちろん半信半疑で、そして、アップデートして、
「あーやっぱ使えないものあるじゃん!」と当たり前のように享受したわけですが、
いまさらになって、それを改善してきたのでしょうか?

ずっとMIDIインターフェースでつないでいたので、いつから使えるようになったかは不明ですが、
やはりUSB直刺しだと、バスパワーも使え便利なものです。
ありがとうというのも変ですが(嘘ついていたわけですから)、
まぁありがとうよ。

================================
(以下以前の記事)

Roland A-500S MIDI USBキーボード・コントローラー
ローランド


前のエントリーで、この愛用しているMIDIキーボードが見事にWindows10未対応で呆然とした、ということを書きました。

もう、イシバ○楽器に売ろうと思って、メールもして、査定もして、おくりびとよろしく、キレイキレイにして、説明書があったな、と説明書の入ったファイルを開いたときに、ふとひらめいた。

そういや、MIDI信号をUSBに入るように変換するデバイスがあったと…。

引っ越しの時捨ててしまった気もする。コード類をひっくり返したら、ふてくされたようにそいつはいた。


こいつだ。

かなり古いMIDIキーボードは、USB端子なんてもんはついてない。MIDI端子だけだ。

俺も、昔、MIDI端子だけキーボードを使って、最初の頃は作曲をしていた。そのとき、こいつを使っていたのだ。

こういう、MIDIとUSBを仲介してくれるアイテムを、MIDIインターフェースと呼ぶ(勉強した)

だから、(もうわかったね)、このMIDIインターフェースがWindows10に対応していれば、MIDI端子がついたMIDIキーボードは問題なく使えるということである。

で、UM-1G、ばっちりWindows10対応だったしかも、特にドライバーは必要ない。勝手に認識してくれる。

SONAR8.5のMIDIデバイスで、きちんと「UM-1G」と認識される。今までは「A-500S」と出ていたところだ。UM-1Gを一枚かまして接続しているというわけだ。

レイテンシとか、全くない。普通通り使える。

ただし、USBバスパワーは使えなくなるので、電池とかACアダプタで起動させる必要がある。それだけは仕方がない。

結論:MIDI端子がついているキーボードは、OSが新しくなろうとも、そのOSに対応しているMIDIインターフェースを使えば、問題なく使える。

うれしくて、新しい環境でほぼ一曲作ってしまった。ソフトシンセもサクサク動く。ミクもわざわざwavで書き出さなくても、そのままミックスダウンできちゃう。core5i すげー!きっと、作業速度も、環境のせいでかなり早いんだろう。

あー楽しみだ。

このページのトップヘ