カテゴリ: note'n notes

Happiology(ハピオロジー)
note'n notes
伊藤音楽研究所
2015-10-31


お待たせしました。ライブで告知した通り、note'n notesの唯一のアルバム、Happiologyを値下げいたしました。999円になりました。800円の値下げです。

自画自賛になりますが、このアルバム、本当にめちゃくちゃ僕は好きです。 天瀬さんの明るさと、僕の作曲の多彩さと、管弦楽器がたっぷり詰まっています。

天瀬さんと僕の今後の活動で、このアルバムの価値がどんどん上がっていけばいいと思います。

解説と合わせて聞いていただけると本当にうれしいです。

 

にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村 

天瀬まゆ&伊藤龍太の音楽ユニット、note'n notesは再び解散します。

天瀬さんからの申し出があり、僕は承諾しました。
僕としては解散したくないのですが、相手がいないと成り立たないことなので、仕方ないと思います。

理由は、僕が時間にルーズなこと、そして練習をしないことなんだそうです。
時間にルーズか、練習をしないようなライブをしてきたかは、いままで接してくれたファンの方々に判断してもらいたいと思います。

僕たちは、音楽を作っています、そして伝えています。
天瀬さんが作詞、そして僕が作曲。

 ちょっとした言葉の違い
 ちょっとしたメロディの違い
 ちょっとした歌い方の違い

そういうのを少しずつすり合わせてゆく、とてもデリケートで神経と思いやりを使う作業です。相手の「いい!」と思ったことを少し否定して修正してゆく作業だからです。でも、note'n notesが「いい音楽を作り届ける集団」であるのであれば、仕方のない部分です。なので、この部分で問題が起きるのはとてもいいことだと思っています。

そして、そういう作業を経て、私たちの距離はどんどん近づいてゆくことは間違いないようです。それは、「仲良くなる」といったものとは全然違う、もちろん友情とも恋愛とも違う、もっと深い別のつながりのように思えます。この話は、また別の機会に出来ればと思いますが。

この距離を普通の「仲良くなる」という感覚で捉えると、 どうしても、相手も自分と同じように考え、同じように行動し、同じような価値観であることを望んでしまうこともあると思います。 ある意味軽い「依存状態」になっているのだと思います。

2009年の解散では、僕がそういう状態になってしまいました。 相手に同じような熱量を求めてしまったのです。そして、それが満たされないと分かった時に、解散を決めました。幼かったと思っています。そしてとっても後悔しました。

今回は、僕は、天瀬さんに求めるものはそう多くありませんでした。それは・・・

 天瀬さんの声
 天瀬さんの歌詞
 天瀬さんの明るさ

それだけでした。しかし、それは僕が天瀬さんに「本当にいちばん求めていること」でありました。それがあれば十分だと思っていました。それだけで、note'n notesをやってゆく理由には十分だと思っていました。

 天瀬さんは僕に何を求めていたんでしょうか。僕は、

 僕の作曲・僕の編曲
 僕のレコ―ディング技術
 僕のピアノの演奏

こういうものを求められていたのではないかと思っていました。しかし、求めるものはもっと多かったみたいです。
 
僕は天瀬さんの友達でも恋人でも配偶者でもありません。もしそうであるのであれば、ある程度妥協点を見つけてゆかなければならないのかもしれません(それも自分は疑問を抱いていますが)。

僕らは、単なる音楽上のパートナーです。なので、本当に必要な部分が最低限一致してさえすればいいと僕は考えていました。それは「音楽を作って、お客さんに楽しんでもらう」というところだと僕は考えていました。

逆に言うと、それ以外の天瀬さんの価値観に合わせるつもりもありませし、もちろん、天瀬さんも僕の価値観に合わせる必要はありません。

しかし、僕に「解散」という言葉はありませんでした。それはnote'n notesの音楽を愛しているからです。しかし、天瀬さんは「解散」という言葉を出してきました。「解散」という言葉で、僕を変えようとしたこと、コントロールしようとしてきたこと、天秤にかけたことを、とても卑怯なことだと思いましたし、残念だと思いました。

そして、その言葉には、僕たちが作ってきた音楽のことや、それを聞いてくださったお客さんのことを、まったく考えていないように思えました。僕だけのことが問題となっているようでした。

しかし、これも仕方のないことだと思っています。

僕の常日頃の態度によって、天瀬さんが楽しく気持ちよく歌えない、というのも本当はよくわかります。しかし、自分が楽しいことと、お客さんにいい音楽を届けて楽しませることと、何の関係があるのでしょうか。どんな状況下にあろうとも、お客さんを楽しませることが出来なければ、舞台人として失格だと思います。

天瀬さんのそういう甘さがとても僕は昔からとても嫌でした。しかし、僕は天瀬さんをボーカルにしている以上、それも仕方ないと思ってました。なぜなら、彼女をボーカルに抜擢したのは僕なのです。それは彼女のキャラクターなので、それを否定することはできないし、どんなに、失言しようと、冷や水を浴びせるような発言をしようとも、それはすべてニコニコと甘んじて受けようと思っていました。

みなさんへ。僕はずうっと変わりません。川の流れのように、長い時間を経ての変化はあると思います。しかし、相手に望まれたからと言って、それによって変わるということはありません。

いつまでも不完全な伊藤龍太であり続けると思います。
そして、その不完全さを赦そうと思っています。
それでやっと、相手の不完全も赦せるのだと思っています。

みなさんも、自分自信をめいいっぱい愛して、赦してあげてください。

僕は自分の行動に責任を持っています。だから、どんなことが起ころうとも後悔はしません。今回、天瀬さんから解散を告げられるということになりましたが、僕はそれも仕方ないと思っています。きちんと自分のやりたいようにやって、言って、招いた結果であるから、とてもすがすがしい気持ちです。

天瀬まゆと伊藤龍太、お互い一人でもやっていける強いアーティストだと思います。
これからも応援していただけたら嬉しいです。

63028

63020

(伊藤の髪型が変ですが)今年,note'n notes一発目、とても楽しいライブでした!

【共演者の方々】
斉藤萌美様(20代)(真ん中)・・・可愛いです!ピアノがとても上手くて、さらにお母さんの歌がとても素敵でした! 
みずのういか様(10代)(右)・・・可愛いです!昨日を嘆いて、明日を憂いて、って感じの歌詞、とても心に残りました!

というわけで、若い子(3人)に囲まれて、オジサン(30代)は とってもご満悦だったのでした〜😃

・・・で、終わらすわけにもいかないので…。

最近、何のためにユニット組んでるのかな〜、って思ってて、確かに、大失敗、みたいなことはライブでなくなってきて、それが当たり前になって、ある程度ユニットとしては完成してきていると思うんです。

でも、誰も知らない。人知れず実がなっているのに、誰ももいでゆかない。そんな状態に私たちは、あるような気がするのです。

その味は、好みはあるでしょうが、実がなっているのは事実なんです。

作曲家、ひいては、シンガーソングライターって、内向的な人が多くって 、内的に充実してゆくことに、まずは喜びを見出してゆくと思うんですね。自分の作曲のスキルが上がった、自分の言葉のセンスが磨かれた、そういうことに地味に喜びを見出す人たち。最初っから「売れてやるぜ!」なんて思っている人は少数派なんじゃないでしょうか?そういう人はまず路上とか出てゆくかもしれないですね。

でもね、音楽って、聞いてもらえてナンボなわけです。 それに少しずつ気づいてくるわけです。その時に、自分たちの音楽を聞いてくれてる人って、知り合いとか、友達とか、家族とか、そういう人たちばっかりだって気づくときに、初めて焦るわけです。

でも、そういう「どうやったら聞いてくれる人が増えるか」 という戦略を、全く考えなかった人たちだから、めちゃくちゃもがくわけですよ。もがくのがとってもかっこ悪く見えるし、みじめだし、音楽と全然関係のないところだし、だんだん、音楽自体も嫌になって来ちゃうわけです。

で、「聞いてくれる人がいないならやめちゃうか」となるのではないでしょうか。実はたくさんなっているのにね。自分の実自体を疑い始めてしまって、本当に、自信を失ってきて、辛いんです。

天瀬さんと曲を作り続けて、自分の歌声にコンプレックスがあった自分は、天瀬さんの声で、自分のメロディに翼が生えたようだと思ったということは、確か以前に書いた気がします。

note'n notesが再結成できたのも、自分たちの「実」に自信があったからだと思います。これを腐らせてしまうのはもったいないと。それを疑わないですんだのは、天瀬さんのおかげだと思っています。

そして、それは、自分の自信にも少しずつ還元されてきました。そして、いま、大昔の歌をもう一度丁寧に録音をし直そうとしています。本多君との作品集です。50曲くらいあります。正直、自分に疑いを持っていた頃の作品集です。ここから、自分を認めて赦してあげないと、前に進めないような気がしてきています。

最近、自分が、昔の自分を取り戻してきたような気がします。何でもできるような気がした、怖いもの知らずの自分に。

それは、結局、人は人、自分は自分であるということ。何にも動じる必要はないのだということ。それで、誰かを傷つけたとしても、自分が責任が持って行動をしたことであれば、もうそれ以上は仕方のないことだということ。そうでないと人生を切り開いてはゆけないこと。そして、本当の意味で自分が人生を楽しむことはできないこと。

それが、強さ、なのかもしれない、と。

そして、そういう気持ちというものは、誰かと共有できるようなものではなく、寄せ付け合う「におい」のように存在するのではないか。結局、人間関係も、恋愛もこの「におい合戦」なのではないかと思うくらいだ。

人生を切り開いてゆくことに、とても臆病になっていた。でも、きっと今は違う。今から、どれだけ前に進めるか、頑張ってみようと思う。そういうパワーを今日のライブでもらえました。ありがとう。

ひとりごとおしまい。

今回、おまけのCD-Rを作りました。新曲の「あいのう」とデモの「おばあちゃんのうた」と、ハピオロジーのメドレーが入ってます。8cmCD-Rで作って好評でした(笑)。聞いてくださった方は、ぜひ感想いただけると嬉しいです。

おまけCD-Rはこれからも続けてゆきたいと思ってます。8cmでやるかわからないけど。そこでしか配らないから、極力ライブには来ていただいた方がいですよ。

新曲「あいのう」も受けが良くて良かったです。

最後のみんなで歌うコラボも面白かった。「明日はきっといい日になる」という歌を歌いました。

来てくれたお客さま、本当にありがとう。スタッフに皆さま、共演者、そして、相方のまゆっちょ、いつも本当にありがとう。 

1.our pace
2.heart nature
3.あいのう(新曲)
4.君の髪型(伊藤の新曲)
5.ニジゴフン/手紙
6.ナカマハーモニー
7.頑晴れ
8.HappyMaker

【コラボ】明日はきっといい日になる

次のライブは、6月18日の URAYASU音楽村 です。詳細決まったらまた連絡します。 

2016年11月17日 note'n notes LIVE 無事終了いたしました。
たくさんのお客様が来場していただき、本当にありがとうございました。

ライブ中にも説明させていただいた通り、対バン予定だった、【ObaKen】(大場英則(sax)と剣持和郎(g)) の剣持さんが到着せず💦

急遽、note'n notesのワンマンライブとなり、1部と2部に分け、2部は大場さんにも参加していただくという変則の形になりました。

自分としては、非常にリラックスして、演奏出来た楽しいライブとなりました。ピアノの出来は一番いいかも。

そして、羽鳥さんのPAが非常に気持ちがいい。前回は特にそういう気持ちにならなかったので、羽鳥さんも腕を上げているのかも(笑)。

最近、体力も落ちてきたせいか、ピアノもかなり軟らかく弾くようになり、途中で、羽鳥さん(店長)がピアノの音を上げたのに気づきましたよ(笑)。

あと、演奏面で無駄な冒険をしなくなったかな。あくまでオーソドックスに弾く、と。

次のライブは来年の頭くらいでしょうか。その時は、新曲2曲くらいやりたいなぁ。新曲をやらないと、なんか悪い気がしてくる。あくまで、自分は作曲が好きなんです。

たくさんご来場、ありがとうございました。 またお会いしましょう。

そして「ミクのたべもの」よろしくお願いします(笑)。今の自分が詰まっています。
 
●セットリスト

「第一部」
our pace
もみいろのうた
ブルークリスマス
好きな名前(伊藤ソロ)
さよなら黄色い銀杏並木道(伊藤ソロ)
イザベル (伊藤ソロ)
ナカマハーモニー

「第二部」(with 大場英則)
手紙
フォール・イン・ラブ
おばあちゃんのうた
頑晴れ
HappyMaker 

「おまけ」大場英則&伊藤龍太)
ふつうのFのブルース 
50067


000358950024

久しぶりに作曲す

とある高齢者を対象とするイベントで必要となり、note' n notesの新曲を書きました。パソコンとにらめっこしてたせいか、ピアノ触って作曲するの久しぶりな感じするな。

まゆっちょさん、作詞一週間で頑張ってくれたので、僕もがんばりました。

 いままでにないテイスト。高齢者を相手にするので、ゆったりと歌う必要があり、さらにそれをなじみやすい5音階を主体にすると、不思議と、ちょっとゴスペルっぽくなったというか。後半のサビでフェイクを効かせまくるというか。後半、今までにないような伊藤の絡みが(笑)。

縛り大好きッ子

だから、企画とか競作って好きなんですよね。企画で、「ゆっくりうたう」という縛りが必要となる。さらに「文字」の制約が出来る。そこでいかに結果が出せるかというのがたまらなく好き。縛り大好きって・・俺はMか!!

でも「涙の場面で使える曲を」というような制約は勘弁してほしいんだなぁ。それは聴き手や使い手の想像力の問題であって。あくまでテクニカルな部分。「5秒で転調10回!」とか「五文字で3分ひっぱる」とか、そういう方が不思議なくらいテンションあがる。

そういや30秒ジングルで賞もらってるし「いちめんのなのはな」だけで作曲したりね。全く整ってない「雨にも負けず」の詞で作曲したりね。そういう方が得意なのかもしれない。

だから、自分の詞で作曲するのもあまりしないのもそのせい。自分の都合に合わせちゃうんだよね。

でもね、そろそろ、自分も、自分の思うところを歌にしてゆく時期なのじゃないかなと思っている。

話がそれましたが、まゆっちょは大変気に入ってくれました、よかった。

自分の声でデモを作ったのですが、これが女性に歌われるといったいどうなるんだろうと、これはちょっと想像できないです。まゆっちょの声で聞くのが楽しみです。

前回の反省を踏まえ

Happiology(ハピオロジー) [CD]」での反省を踏まえ、ちゃんとデモトラックも本番で使えるように、しっかりと弾きました。これをまたあとで修正するのすげえめんどくさいんだ。

それを前回の制作から学びました。

後は、ここに、オルガンとかサックスとか、ストリングスとかを被せてゆく予定。ベースとかドラムは入れない予定。

「一肩抜けた」

たぶん、これがまだCDが出てないうちなら、もう少しウケ要素をちりばめて(非ウケ要素を排除して)いったのかもしれないけれど、今回は、「一皮むけた」ならぬ「一肩抜けた」感じがあります。

「これでいっか」と。

たぶん、高齢者にゴスペル調とか、冒険だと思うんですよね。前例もないでしょうし。後半に、伊藤の不思議な絡みも、聴き馴染みのないものでしょう。

でも、まぁ、うけなくてもいっか、と。せっかくく作ったんだし。

音楽は自由に作るものだしね。

Happiology(ハピオロジー) [CD]」は、本当に出来に満足していて、これが出せたのはほんとうに幸せなことで。このなかには、自分の中にある、「みんなに好きになってほしい音楽」が完全に入っているんですよ、ということに最近気付いた。

結局、音楽作るって、「自分の好きな音楽をみんなも好きになって欲しいです!」っていう気持ちの表明だと思うんです、ということに最近気づいた。

自分の好きな音楽は、たくさんあって、その中で、「きっと一番抵抗なく好きになってもらえるだろう」というものをきっと「Happiology(ハピオロジー) [CD]」では無意識に選びとっていたんだと思う。

で、それを原点として出しちゃった後は、「そういうのでしたら、それを聴いていただいてですね、実はこんなのもあるんですよ」と軽く言えるようになったような気がする。わけわからんでしょうが。

つまり、失敗を恐れなくなったかなってこと。

「自分の素を出して、それが売れればラッキーだったね、売れなければ残念だったね。でも芸術って素を出すものだよね」

そんな風に思う今日この頃です。


アルバムダイジェスト

 
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへにほんブログ村 音楽ブログ 音楽ユニットへ
クリックにて当ブログへの応援お願いします。
どれか1つで大丈夫な仕組みです。
リンク先は、同カテゴリのブログ集。

 

note'n notesからのお知らせです。

note'n notesの「ニジゴフン」(→「ブルークリスマス」になったそうです)がTVで使われます 。

天瀬さんがナレーションをしているJ:COMチャンネル「東葛調査隊!」のエンディングに2015年11月30日から一週間使われるそうです。そして、天瀬さん自ら宣伝もしているとのこと(笑)。
 
http://www.myjcom.jp/tv/channel/kanto/toukatsu.html 

みられる方ぜひチェックしてみてねっ。

お知らせでした。

安心してください、ニジゴフンブルクリ、入ってます!

アルバムダイジェスト

 
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへにほんブログ村 音楽ブログ 音楽ユニットへ
クリックにて当ブログへの応援お願いします。
どれか1つで大丈夫な仕組みです。
リンク先は、同カテゴリのブログ集。

私の本職は作業療法士というリハビリ職です。都内のとある病院に勤めています。
 
リハビリ室では、BGMとしてCDを流しています。

そこで、私も先日完成したnote'n notesのHappiology(ハピオロジー) [CD]を1枚ムリヤリ寄贈させていただき、たまに流させてもらっています。

最初、前情報なく流していたとき、実習中にバイザーをしていただいたセラピストが「この頑張れ頑張れ言ってる曲はなんだ?」と耳を止めていいたので、

「これ僕が作ったんですよ」と言ったら

「は?おまえは一体何言ってるんだ?」と、

「いや、実は、本当に僕が作ったんです、これ」

「・・・お前とうとう頭にキちゃったのか」

と散々に言われたので、ジャケットの帯についてる写真をお見せ証明したらとても驚いていました。

業務終了後にじっくりと聴きにきてくださった方もいて、とてもうれしかったです。

「俺が金出して買う音楽ではないけどね」と、シビアな意見をいただいたり、CDを売るというのも難しいものだなぁと、肌で感じております。でも感想を生で聴けるのはほんとうにうれしいことです。

で、ここからが本題なのですが。

このCDをよくかけてくれる理学療法士の先輩がいるんですが、やっと「はい」が言える程度の意識レベルの低い患者さまに「頑晴れ」を聴かせたそうなんです。そして感想を聞いたら、「いーね!」と返事が返ってきたそうなんですね!

おんなじ言葉とフレーズの繰り返し、天瀬さんの明晰な歌声、賑やかなサウンド、こういうものが重なって、その患者さんに届いたんでしょう。

それを、人づてに聞いたときに、ちょっと衝撃的で、音楽の力ってすごい、と感じました。

そういった人にパワーを与えられるような音楽を作ってゆきたいと切に願うのでした。

私の生活の大半は、リハビリを通じて患者様に費やされていることになります。あくまで、その合間を縫って、CD制作や音楽活動をしています。

生活の大半がリハビリであるのであれば、それが自分の音楽に影響しないはずがないと思います。

今まで、音楽と、私生活は分けて考えており、このブログでそのことを書くことはまったくなかったのですが、これからはそれを通じて思ったことを少しずつ書いてみようかな、と思ったりもしています。

おしまい。




 

NOEQ RECORDSサイトにてHappiologyのカラオケが無料公開されました。
それに合わせて、NOEQ RECORDSの著作権規約も変更となっています。

簡単に言うと、二次創作や音源利用が有償・無償問わず可能となりました。

どんどん、私たちの音楽を広めてゆきたい、そんな思いで思い切った緩和となりました。
ぜひぜひ、私たちの音楽をみなさんの力で広めてください。

私たちもがんばります。

よろしくお願いします。

NOEQ RECORDS代表 伊藤龍太

Happiology(ハピオロジー)
note'n notes
NOEQ RECORDS
2015-10-31


 

2015年10月31日

note'n notesのPizzeria Buono Buonoのレコ発ライブ、どうもありがとうございました!

とても楽しいライブでした。

アルバムから12曲、曲順ほぼそのままにやりました。もうこんなことは二度とないと思います。こられた人貴重!

そして、新曲の「フォール・イン・ラブ」を。「もみいろのうた」の後ろに入れて、秋メドレー。 

伊藤も終始リラックスして弾くことが出来ました。不思議なことに、ぼーっとリラックスしている方がミスが少ないんだよなぁ。

間違って、MCで「お客さん」を「患者さん」と言ってしまったのは自分もびっくり。


CDも何枚もお客さんの自宅へ旅立ってゆきました。 これもうれしい!

ネットでの視聴もいいけれど、じっくり聞いてほしい。きっとなにか心にのこるはずなんだ。

CDが旅立ったってことは、じっくり耳を傾けてくれる可能性の人が増えたってこと。それだけで、本当にうれしい。

真剣に対峙してくれた音楽は、もう好き嫌いを超えてしまうよね。そういう音楽に育って行ってくれたらうれしい。

最後になりましたが、たくさんのお客様、そして、マスターのしげちゃん、クラさん、そしてウェイターをしていただいたメッシさん(素敵な人柄!)、そして伊藤の音符に羽をつけてくれる相方のまゆっちょ、ありがとうございました。



今日で今年のnote'n notesのライブと伊藤のライブも終了になります。

そして、来年は 1月30日(土)に伊藤のソロ・ワンマンを、再びここPizzeria Buono Buonoですることになりました~。 

タイトルは「リョウタ七変化」

さまざまな音楽スタイル(サックス、ピアノソロ、演歌歌手、弾き語り)でお客さんに楽しんでいいただこうと思います。また、その時には、伊藤のCDを持っていけたらと思っています!頑張ります!

■伊藤龍太 ソロ・ワンマン・ライブ!
「リョウタ七変化」


2016年1月30日(土)
18:30開場 19:30開演
料金:投げ銭制(チケットなし)
フードorドリンクなどを注文してください。
予約はメールにてお願いします。 ryotaito@hotmail.com 
 
 にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへにほんブログ村 音楽ブログ 音楽ユニットへ
クリックにて当ブログへの応援お願いします。
どれか1つで大丈夫な仕組みです。
リンク先は、同カテゴリのブログ集。

いや~とうとうきましたよ。「Happiology」Aamzonより発売です!

予約を割にいただいてたので、Amazonには何枚か在庫を持っていただけるようになりました。
うれしいなぁ。

Happiology(ハピオロジー)
note'n notes
NOEQ RECORDS
2015-10-31

 
そして、今日は発売記念ライブです。たぶん、飛び込みで聞けるはず~。
もしお時間あれば脚と耳を運んでいただければ~。

■「Happiology」と 発売記念ライブ!

2015年10月31日(土)
18:30開場 19:00開演
料金:投げ銭制(チケットなし)
フードorドリンクなどを注文してください。

にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへにほんブログ村 音楽ブログ 音楽ユニットへ
クリックにて当ブログへの応援お願いします。
どれか1つで大丈夫な仕組みです。
リンク先は、同カテゴリのブログ集。 


 

↑このページのトップヘ