大分進行はのんびりしてるけれど、ぼちぼち進めています。

録音は終わってるんですけど、編集に割く時間がなく、でも今日はかなり進められた。

でも、ふと思う。スネアの音にリバーブかけて、ゲートかけて、コンプかけて、聞き映えのいい音を作るとか、これって音楽してることになるのかな、と。

しかし、そういうところから、解放させられるだけの、精神の強さは持ち合わせていない。まずは、これだけできますよ、というところを残したい。これだけできた、ということろでの反応を見てみたい。

そして、少しずつ、本当にやりたいことに近づいてゆこう。

きれいな音とか、聞きごたえのある音圧とか、本当は、どーでもいいことなのだ。