Always (CCCD)
光永亮太
ポニーキャニオン
2003-02-19



新しく熱中していることがあって・・・、

それに関して非常に勉強をしている。寝る間も惜しんでという言葉が少し当てはまるくらい。

まったく知らなかった世界なので、全然わからないので。

少し上手い人をみては、見てろよ、と。



それに反しまして、

音楽は、昔からずっと親しんできたもの。

いつでも作曲できるし、歌えるし、演奏できる。

歌詞だって最近は書けちゃうよ。

とりあえず自分の満足できる水準には達している。

CDだって作れて、流通できちゃう。

豊かと言えば豊かだ。

これを望んでいたか?と言われるときっと望んでいた、と答えるだろう。

「お料理のように音楽が作れるようになればいい」

・・・・と、ずっと思っていた、

というのは嘘で、今思いついた言葉だけれど、

でも、僕の音楽に対する姿勢ってそんな感じ。

ある意味日常と化してしまって、そこにどっぷりと自分も漬かってしまっている。

つまり、これを用いて、何かを表現するとか、よりおいしくしようとか、

そういう意識に向かいにくい。

自分の普通に作った料理を、人にも食べてもらう感じ。

僕は音楽は独学なので、作り上げたものは、

自分でレシピも見ずに作った「オリジナル」と言えるものなのに。

結果としては、「普通の料理」になってしまっているような?

近づけて行ってしまっているような。

食べてくれた人も「うん普通だね」という印象しか抱けないような。



そこで、今熱中していること。

自分、ど素人。でも、すごくとんがってるんだな。

今まで自分が見てきた世界を物差しに、鋭く計っている。

それがある限り、不安があっても前には進める。

自分が正しいのか正しくないのか知りたいから。

と、まぁ、何もまだできないくせに、口だけはいっちょ前で。

でも、これって、とっても大事なことのような気がする。

イソップ童話でウサギと亀の話がある。

音楽がウサギであるなら。

こちらはカメだ。

でも、この物語の本質って、勝ち負けではないのではないかと思う。

ウサギが勝ってもよかったと思う。ふつう勝つし。

でも、わかりやすくするために、イソップさんはウサギは負かしたのだ。

結局、己への満足の話ではなかったかと。。

普通、ウサギとの圧倒的な大差をつけられているのにも関わらず、

カメはあきらめなかった。

これは勝負に勝ちたいのではなく、自分に勝ちたいのではないかと思われる。

勝ち負けはどうであれ、始めたからにはゴールすると。

そしたら、結果ウサギより先にゴールしてしまっただけの話。

そして、難なくゴールしたウサギと、やっとこさゴールしたカメの喜びは違って当然だろう。

どちらがいいというわけではないが、今の自分から見れば、

敗者ありのカメを前提にゴールしたウサギはかわいそうだということ。

敗者を作った中での満足は、とても貧相なものではないかということ。

・・・・いや、待てよ、ウサギはどのみちゴールできない運命を持っていたのかもしれない。

きっと、何でもそこそこできてしまうので、タカをくくっちゃう。

ゴールした時の喜びみたいなものを軽視しちゃってる。

だから、きっと、眠ってしまったのかもしれない。

きっと、ウサギは、何にもゴールしたこともないのだろう。

だから、ゴールを軽視している。

ただ、足が速ければいいと思っている、器用であればいいと思っている。

ウサギと亀は相反する対象なのかもしれない。

誰にでもいるのかもしれない。

亀の気持ちを僕がもつことは、きっと、ウサギに対する警鐘にもなるだろう。

明日は休みだ。

にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村