(年末までこの記事が先頭に来ます。最新の記事は下にスクロールしてください)

2016年に、私が宮沢賢治の詩に曲を付けた「雨ニモマケズ」をカバーして下さった、伊藤ともんさん。


そんなともんさんが、2017年10月22日、大阪の創徳庵にて「中崎町イーハトーヴ」というタイトルで、宮沢賢治のゆいかりの曲を集めてライブを行いました。その中で、私の「雨ニモマケズ」をカバーしていただきました。

動画は、歌う場面から始まっていますが、ぜひお時間あれば全編ご覧いただければと思います。

ともんさんの歌は、CDよりもさらにグレードアップしている。メロディの意図を、ライブならではの感興で、がっしりと掬い取ってくださって歌われています。それは、自分の賢治解釈にともんさんも共感してくださってることだと思うので、とてもうれしく思います。吉田幸生さんのアレンジもとても素晴らしい。

僕は、歌手というものは、歌が上手ければだれでも名乗る資格があると思っていました。しかし、今回ともんさんのライブを聞いて、それは違うと思いました。

歌手とは、歌の景色を伝える人のことだ、と。

それは、音程があってるとか、声が美しいとかとは、また別の次元のものなのだと。鍛錬すればするほど、そして、歳を重ねれば重ねるほど、それはうまくなってゆくものなのだ、と。

ともんさんの声に、岩手の風土を感じることが出来ました。本当に、賢治のメッセンジャーと化していました。

そして、最後に、こう思いました。「歌っていいな」と。

それは、今まで僕が感じたことのない、歌に対する感情でした。僕の知らなかった世界を見せてくれました。そして、それは、やはり一生をかけてもいいと思えるほどの宝ものなんだと思いました。

とっても素晴らしいライブです。ぜひご覧下さい。

にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村