白装束の手袋のようものをまとった女性をよく見掛けます。太陽避けなんだろうけど、はっきりいって不気味です。つばのデカ過ぎるサンバイザーの方がまだ滑稽で許せる。

あ〜あ、今日からまた仕事です。でも今日いきなり涼しくなりましたね。夏も終わりか?大したことないな。俺にクーラーのスイッチ押させてみろよ。

で、この本やっと読み終わりました。二か月くらいかかった!?

・事件の後はカプチーノ/クレオ・コイル


前作の「名探偵のコーヒーのいれ方 コクと深みの名推理1」が、まあ割りと面白かったのですが、今回は今一つかな。

これ、邦訳が出る前に原書で読もうと意気込んで、見事破れました。今年とりあえず初の「形ある挫折」です(形ある挫折…ユー○ャンとか、キツいよね。本人も他人も。掛ける言葉が見つからない)。

元旦那との茶番が前作は面白かったのですが、今回は、後半までお預け。てか、この年増なのにセクシーランジェリーも着て、かつモテるクレアという女性主人公のイメージが全く沸いてきませんが、どうでしょうか。

やっぱりミステリーは短編が好きかな…。まあ、次作の邦訳が出たらまた買うけどね。