2016年11月

「俺という病」というアルバムに入ります。



 職業選択の自由を吹き込まれ 
僕らは生きてきた
僕はミュージシャンにあこがれて
そしてあきらめた

音楽を愛してる だれにも負けないが
そうでもない人が 音符で食べている

あの人は
ミュージシャンと言うより文学者
あの人は  
ミュージシャンと言うよりエンジニア
あの人は
ミュージシャンと言うよりコレクター
あの人は
ミュージシャンと言うよりセールスマン

面白くないけど この僕も なんとかやっている


どっかの誰かが 「仕事は選べる」と
おっさん 嘘を書くのが おっさんの
お仕事なんですものね

好きなことなのに 仕事は来ないのさ
嫌いなことばかり 仕事は溢れてる

あの人は
ミュージシャンと言うより曲芸師
あの人は
ミュージシャンと言うよりネズミ講
あの人は
ミュージシャンと言うより(てれててって)
あの人は
ミュージシャンと言うより新興宗教

納得いかないけど この僕も なんとかやっている

安易な金もうけ 謎の再結成 
謎の3種類 謎のベスト盤

あの人は
ミュージシャンと言うよりヤク中で
あの人は
ミュージシャンと言うより詐欺師だし
あの人は
ミュージシャンと言うのにクチパクで
あいつらは
ミュージシャンと言う前に 犯罪者

こうなりゃ 一肌脱ぎましょう
素敵な音楽 奏でましょう
クリーンな音譜を 並べましょう

アイム・ア・しがないミュージシャン



初音ミクのマスタリングも終えて、さっそく次のアルバムに「アラサー」に取り掛かかっています。今年中はさすがに無理だとは思いますが。自分が歌おうともいます。だいぶシンプルに行こうと思います。

その一曲を録りました。イザベルという曲です。

初音ミクを使うのも、曲の良さがストレートに出て、とっても面白いんだけど、あえて、人間の声で歌う意味は、「情感【エモーション)」の一言に尽きると思います。

情感の溢れる曲集にしたいです。

あと、前にとん挫したアルバムも、出そうと思っています。「謎の三種類」というタイトルのものでしたが、タイトルを変えて「自分という病」 というタイトルにしようかと。

これらの曲に最近、非常に自分が癒されまして、それほど無価値な曲ではないのかなと思えるようになってきたからです。 録音はほとんど80パーセント終わっています。

どっちが先に出るかは、まだ考えていません。

よろしくどうぞ。 

11月30日発売の初音ミクのアルバムも、どうぞよろしく。amazonが使えない方は、連絡いただければ通信販売も致します。

ミクのたべもの(頒布CD-R)
ryo-ta
NOEQ RECORDS
2016-11-30

 
ハイライト
 

↑このページのトップヘ