2016年04月

ミクの本棚(頒布版CD-R)

"伊藤龍太のもう一つの顔、VOCALOIDプロデューサー「ryo-ta」。2009年〜2016年までのアンソロジー"

CDにも解説を書いたのだけれど、インターネット用にもまた書きおろそうかと思う。

自分は、文章は、その場その場の勝負だと思っている。歌作りもそうだ。今紡ぎだした言葉や音は、もう二度と出てこないものだ。だから、同じアルバムについて書いていても、きっと、また違った側面から、このアルバムの表情を照らし出すだろう。

クロスフェードを聞きながらどうぞ。


2009年に、天瀬まゆさんと、note'n notesという音楽ユニットで活動し、同年に解散。その間に、パソコンで音楽を作ることを学び、note'n notesで培った、女性の声の活かし方をVOCALOIDに応用した。よって、このアルバムは、人間の歌える、無理のない音域で歌われている曲がほとんどであり、普通のPOPSとして楽しめる作品になってます。VOCALOID初心者にもお勧めしたい作品です。

ただし、パソコンの作曲をはじめて、間もないころなので、当時の自分のスキルでは不足な部分もたくさんあり、それがずっと気がかりだった。いつか、CDとしてまとめるときに、きっちりとやり直したいと思っていた。そして、やっと、今回それがかなった。

自分が、初音ミクに出会うのはちょっと遅かったように思う。自分がDTMで音楽を作っていると元職場の同僚に話した時、「初音ミクはやらないの?」と言われたのを思い出す。その時の自分の反応は「初音ミクってなに?」といったものだった。で、調べてみると、なるほど、歌ってくれるソフトウェなのかと。

で、自分で調べてみて、最初に出会った曲がよかったんだなぁと今では思う。U-ji(霊長類P)さんという方の、「ジェリービーン」という曲がそれであり、この曲が一つの指針となった。「初恋桜」や「わたしのことが好きにな〜る」といった曲は、「ピコピコ」といった音が使われているが、明らかにU-jiさんの影響である。また、私のボカロP名のryo-taの「-」はU-jiさんを真似したものである。

また、U-jiさんはpiaproというサイトに登録しており、他者と協力をして曲やPVを作っていた。それが、私には非常に新鮮に思えた。知らない才能と、一緒に力を合わせて、一つの作品を作るということが、とてもかっこよく見えた。

私は、常に、詞を求めている。piaproには、それこそ、ものすごい量の詩が投稿されている。私にとっては、宝の山に見えた。私は、詞から曲を作るのには、慣れているし、長けているとも感じている。どんな詩でも曲をつけてやるという挑戦心があった。

僕と私さん(当時はリチャードさんといった)やアキラさん、sealagoonさん、tionさん、機械人さんといった、素晴らしい作詞家さんの作品を借りて曲を書いていくことが出来た。一人ではとてもできなかった。

そして、それぞれの作詞家の言葉のカーブに合わせて、自分のメロディーを寄り添わせてゆくのが非常に気持ちがよかった。これは、詞に曲をつける時には、いつも感じることだ。これが気持ちよくて、私は作曲がやめられないのだと思うが。

で、2011年、「ペロ」と「ふたり乗り」という曲で、いったん、ミクの曲作りをいったん終了することとなりました。ちなみにこの2曲からは、motif rack esというシンセサイザーが導入されています。

理由としては、将来のために、作業療法士の専門学校に通い始めたからです。さすがにこの間は音楽制作はなかなかできなかった。しかし、自分のソロアルバムは着々と用意していたんですけれど、今のところ、これは立ち消えになっています「謎の三種類」というアルバム名ですが・・。

で、2016年に、「デート五分前」という曲で、再び初音ミクの投稿を再開します。「理数系ラブソング」「雪が降ってきた」「あなたにつくし隊」(これはリメイクですが)が出来て、収録曲がすべてそろうこととなりました。

だから、正確に言うと。2010年〜2016年のアンソロジーというよりかは、2010年〜2011年、そして、2016年のアンソロジーというべきなのかもしれません。ただし、「雪が降ってきた」以外は、2010年には、ほぼ骨格が出来ていたので、まぁいいのかもしれません。

本当は、大量にボーナストラックを入れようと思ってました。入れるものはたくさんあるのです。しかし、間に合わず、この形に。でもこれはこれでよかったかもしれません。

また、その、時間的制約から、プレスCDではなく、CD-Rというかたちになってしまったのですが、業者に依頼したCD-Rは非常に品質がしっかりしており、自分の古いCDプレイヤーでも余裕で再生できたのに、非常に感動しまして、あぁ、これで十分じゃないかと。

というのも、やはりプレスは若干高くついてしまい、ちゃんとペイできるのか、その不安がつきまとい、どうも腰が重くなってしまう。しかし、CD-Rだと、非常に安価でつくれ、これなら安く売れ、売りやすいし、いろんな作品をどんどん出していけるじゃん、と思えたからです。

というわけで、これからもどんどん作品を出してゆきたいと思っているので、どうぞよろしくお願いします。最後は、解説でも何でもなくなってしまいました。



 

ミクの本棚(頒布版CD-R)
ryo-ta(伊藤龍太)
NOEQ RECORDS
2016-04-30


きょう、amazonへ「ミクの本棚」を出庫した。スリムケースだもんで、小さめの段ボールだったけれど、普通のケースなら、その倍サイズあるわけだと思うと、ちょっとドキドキした。

たくさん予約が入って、本当にうれしかった。予約数以上に出荷できたので、まだ予約間に合いますよ。ぜひぜひ。

【クロスフェード】
 

M3面白かったなぁと。

しかし、M3はボーカロイドのイベントではないんだよね。自分のアルバムを作って、それを歌ってプロモーションするなら最高の場だ。お客さんは多いし、頑張ればCD売上に直結するし。奮起するし、だめだったら反省して、次にも生かせるし。

だから、また、自分のアルバム作りたい、という気持ちが芽生えてきた。

で、またそれとは別に、ミクの作品はどんどんコンスタントに出してゆきたい。

考えてるのは今回「ミクの本棚」だったから、それをシリーズ化して、「ミクの○○」シリーズというもの。

秋のM3に出るとすれば、秋だから「ミクの食べ物」かなぁと。それをピアプロとかで、作詞を募って、協力して作品を作ると面白いんじゃないかと。これはネタは尽きないだろうし。

あと、それとはまったく別で、こう、ダンサブルなミクの曲が、実は何曲かあって(コンペで落ちたものが多いけどw)、それも出したいんだよなぁ。タイトルはもう決まってる。ちょっと、ryo-taなりに、今風にチャレンジしてみようかと思ったり。

さらにだね、せっかく、同人のイベントに出るわけだから、そこでしか売ることが出来ないもの、たとえばカバーみたいなもの、とかを限定で売ってみるのも面白いのかもしれないなぁと。

ミクの話ばかりになってしまったけれど、それくらい、M3というイベントに触発されたということです。

どちらに行こうか。ちょっと模索中です。この間が、実に楽しいというかね。

2016年1月31日発売
伊藤龍太1stソロアルバム



天瀬まゆ&伊藤龍太の音楽ユニット
note'n notes 1st album

にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
クリックにて当ブログへの応援お願いします。
リンク先は、同カテゴリのブログ集。




 



クロスフェード(いいとこが聞けるサンプル的な)が出来ました。ぜひ聞いてみてください。

で、amazonでも在庫がある限り取扱をするのですが、ちょっと予約が割と入ってまして、在庫も100枚(より厳密には少し少ない)しかないわけで、M3に来れない方で、ちょっと興味がある方は、amazonでぜひともM3の前に予約を入れて頂くと助かります。その分は確保して、M3に持ってゆきますので。


今日は、頒布するCD(旧譜)を配送しました。天瀬さんも「Happiology」を送ってくれて、あわせて2箱。それに、23日(ギリギリ!)に入荷してくる「ミクの本棚」を手持ちで持ってゆきます。

こういうイベントに参加するのは初めてで、正直不安だらけだったんですけど、だんだん楽しみになってきました。

というわけでよろしくお願いします。 

■2016年4月24日(日)
東京流通センター第一展示場O-10
サークル名NOEQ RECORDS

アクセス(東京モノレールを使う場合)
https://www.trc-inc.co.jp/access/traffic/train.html 


2016年1月31日発売
伊藤龍太1stソロアルバム



天瀬まゆ&伊藤龍太の音楽ユニット
note'n notes 1st album

にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
クリックにて当ブログへの応援お願いします。
リンク先は、同カテゴリのブログ集。 

↑このページのトップヘ