2016年02月



またまた、初音ミクの新曲です。ピアノだけで歌う、卒業ソングっぽい仕上がりです。

ミクの曲でバラードって初かな?だいぶ調声は頑張りましたね。

ミクの4月に出るアルバムで、最後を締められそうな曲かなぁと。

本当は、新曲を書く予定はなかったんですが、僕と私さんの作品を見てて、知らないのがありまして、それを見てたら、なんか作りたくなってしまったという。

作曲はすぐできる方なんですけど、だんだん、認知もされたい欲が出てきたというか。ただ、漫然と書いているだけじゃだめだなぁ と。

特にこれだけ書いて「大ヒット」というものがないということは、とりあえず、自分の作風というのは、世間で求められているものとは、少しずれているわけであって、それが、ちょっとこの連チャンで投稿しても全然伸びてこないことからから、つらいくらい実感してきてるわけであって。

だけど、この作風を受け入れてくれる聞き手に支えられたら、 それは実に幸せであってね。

こう、なんていうのかなぁ、個性がないのかもな。 あと、たぶん、あんまり苦労して絞り出してないからかもしれない。そういう希薄は、作品に出ると思うだよな。

絶対注目を浴びてやるんだ!という気合がやっぱり注目を淳恵めている作品とは段違いなんだと思うんだよな。

越えられない壁というものが、なんか歳を取れば取るほどわかって来るよな。出るべくして出る、出ないべくして出てない、結局そういうことだ。

音楽:ryo-ta(伊藤龍太)(http://ryotaito.doorblog.jp/)
作詞:僕と私(http://piapro.jp/love_x)
イラスト:Φファイさん(http://piapro.jp/shimpa)

にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへにほんブログ村 音楽ブログ 音楽ユニットへ
クリックにて当ブログへの応援お願いします。
どれか1つで大丈夫な仕組みです。
リンク先は、同カテゴリのブログ集。 
 



またまた、新曲を。僕と私さんの詩で、
ずっと前から作ってきたやつだけど。
すこし、変わった曲だけど、その分、ちょっと動画頑張りました的な。
アルバムの色添えになればと。

間奏の「き〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
のオペラ歌手っぽい声も初音ミクです。
ジェネレーターを上げるとこういう声色いなるんですね。

音楽:ryo-ta(伊藤龍太)(http://ryotaito.doorblog.jp/)
作詞:僕と私(http://piapro.jp/love_x)
イラスト:宅家さんさん(http://piapro.jp/rain_taito)
イラスト:jirijiriさん(http://piapro.jp/M844634)
イラスト:ユリ丘さん(http://piapro.jp/yuok)
 
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへにほんブログ村 音楽ブログ 音楽ユニットへ
クリックにて当ブログへの応援お願いします。
どれか1つで大丈夫な仕組みです。
リンク先は、同カテゴリのブログ集。
 



なんで、福島原発の悲劇を歌った歌がないんだろう。
絶対忘れてはならない・・・というか、今でさえ続いていることなのに。
これから何十年後かにも、きっと、私たちは、この悲劇を思い出さざるを得なくなるだろう。

そんなときに、このながいさつきさんの詩に出会った。
あっという間に曲が出来た。

千葉県在住の私が、福島原発の悲劇を歌いきることはできないだろう。
しかし、岩手には祖父母がおり、岩手には地震の爪痕がまだ残っている。
私にも少しお手伝いできることはあるはずだ。 
僭越ながら、歌も歌わせていただいた。 

正直、上手くない。しかし、ここに一つの悲しみの記憶が残され、
この悲劇を忘れないきっかけとなる可能性を信じよう。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

「漁火哀歌」
作詞 ながい さつき
作曲 伊藤 龍太 

あれは何処の 漁火か
今日も帰らぬ ゴイ巻網の
船の姿を 待ちわびる
北の灘なら 塩屋の灯り
慕(おも)いを照らして 届けておくれ


啼くは波間の 恋千鳥
思いきれない 哀しい聲(こえ)が
沖の空まで きこえたら
南境(みなみざかい)の 菊多(きくた)の浦を
情けを手繰って 帰っておくれ
 

淡く儚い 漁火は
昔すがたの 磐州揚繰船(ばんしゅうあぐり)
いまも漁場の 夢の中
退(の)いて埋もれた 神白(かじろ)の浜で
真砂(まさご)を褥(しとね)に 眠っておくれ 




久しぶりの初音ミクの新曲です。M3で発売するCDの1曲目に入ります。 
ずーっとまえから作っていた曲で、ふんっと気合を入れて完成させました。
いわゆる、昔風のフィレス/ナイアガラ路線ですね。
若い世代にはウケないと思っても、もはやこれでしか「POPであること」を表現出来なくてねぇ。

この曲が1曲目で、つまりアルバムの「総括」であり、
初音ミクプロジェクト第一期はこれで締めくくれるかなという気持ちです。
(第一期作品をまだ投降予定ではありますが)
お楽しみに。

音楽:ryo-ta(伊藤龍太)(http://ryotaito.doorblog.jp/)
作詞:僕と私(http://piapro.jp/love_x)
イラスト(ミク):BEEKさん(http://piapro.jp/waylon1211)
イラスト(空):KANAMEさん(http://piapro.jp/kaname29)
 

↑このページのトップヘ