2014年08月



今週は編曲実況。
DIARYを初音ミク用にアレンジしてます。完成してないけど。

で、とりあえず、こんな感じになりましたというのが下の音源です。

■内容
【トーク】なんかよくわからないことをぶつぶつと
【音故恥新】「こんなひには誰とも会いたくないよ」という歌いだしの歌(本多作詞)
【作曲実況】僕と私さんの「イマージュ」のサビ部に曲をつけました。

■「イマージュ」の歌詞
http://piapro.jp/t/1tQ7

ミントティー飲んで 目覚めの朝にキスをする
陽射しの色 君の笑顔に似てた

ためらってる 想いの境界線
その右手に 触れたいと願って

風に乗せて 歌を歌う

揺れる花よ 永(とこしえ)の芽吹きを見せて
Ah 雲の行く方へ
Ah 感じてる 胸に君の心映して



星を繋ぎ 君の星座にキスをする
悩んでいる 手のひらを伸ばして

身体預け 夢と歌う

Ah ずっと まどろみと共に奏でる
Ah 命の煌き
Ah 感じてる 胸に君の心映して

【で、収録後】
サビだけをとりなおしてみた

■内容
【トーク】帰省した話。「とある恋の日常」の少しアレンジしたもの流す。
【音故恥新】「わらっていよう」
【作曲実況】僕と私さんの「錆ついた秒針」に曲をつけました。

■「錆ついた秒針」の歌詞
http://piapro.jp/t/OfqV

錆びついた秒針が刻むのは
癒されない悲しみの時
冷え切った部屋でひとりきり
君の温もり 探してる

春が来れば 咲く花のように
待ち続けた光 だけれど
いつになれば 雪は溶けるの?

夢の中 繰り返し巻き戻す
眩しすぎた 陽だまりの日々
「愛してる」 幻に手を伸ばす
君はもういない

無表情の空をじっと眺めてる
ねぇ、いつから笑わなくなったの?
頼りない風に声を乗せ
君の影へと囁いた

それはいつか 忘れかけていた
ありふれてる記憶 だけれど
そんな日々が 愛おしかったの

雨が降る 思い出が褪せてゆく
この手をすり抜けてくように
「会いたいよ」 君の名を呼ぶ声が
溶けて消えてゆく

夢の中 繰り返し巻き戻す
眩しすぎた 陽だまりの日々 
「愛してる」 幻に手を伸ばす
君はもういない
君はもういない・・・

【で、収録後】
なんか違和感の残った伊藤は、もう一度冷静に歌詞を見直し、もう一度曲をつけなおしてみたのがこれ。
 


■次回配信は2014年8月12日

■作者ブログ

↑このページのトップヘ