2013年07月

That Lucky Old Sun
That Lucky Old Sun [CD]


やっぱり、夏といえばビーチ・ボーイズ!

去年の夏に、ビーチボーイズの来日公演に行ってきた。あの日は、自分の人生の中で最良の一日であった。それを思い出す。暑かったなぁ。

このアルバムも、5年間のものとなってしまったけれど、多彩なアイディアと安定したソングライティング、それがぎっしり詰まっており、名盤であると何度目かの再確認。こう「陽」の部分が強調されすぎて、物足りない人もいるかもしれないけれど。

で、今調べて分かったけれど、また、マイクとブルースが単独行動をして「ビーチ・ボーイズ」と名乗ってツアーを行っていたみたいだね。そういうことか。

マイクはもちろん、ビーチ・ボーイズに必要な人物であり、ブライアンも同様。

マイクからすれば、マイクの率いるビーチ・ボーイズと、ブライアン率いるビーチ・ボーイズで2倍の動員が見込めるんじゃないか、とか思っているのかもしれない。良心的に解釈すれば、だ。

結局、天才たちというのは、自分が伝説だということにも無頓着で、こういったファンを裏切るような妙な行動を起こすものだ。だから、また、何年か一度に出会う惑星のように、またブライアンとマイクが一緒にやる時には、必ず逃さないように私たちは準備しておかなくてはならない。

それがたとえ335年後だとしても。

作曲以外のYouTubeをまとめました

▼others(arrange, playing)▼
https://www.youtube.com/playlist?list=PLA7CxCeaXmPK2NPYHPPIZUyrtBRd7d_FQ&feature=mh_lolz

うらじゃの編曲提供、tico☆さんのアレンジ、そしてmiifyさんの伴奏などが入ってます。

うらじゃでいつも編曲を使っていただいた鬼彩さんが、今年は演武がないらしく、2013年版編曲はオクラになりそうですが、その分楽しみが増えたってことで。ぜひまた素晴らしい演武を見せていただきたいものです。そして一度実際に見に行きたいですね。だから、今年は絶対いけないのでラッキーだったのかもしれません。

時間の過ぎ去るのは早いですね。



季節はずれですが新曲です。詩は本多君です〜。

あと、天瀬まゆさんとのユニットnote'n notesのライブを、自分の思うベストテイクを自分のチャンネルでまとめてみました。

▼note' notes LIVE▼
http://www.youtube.com/playlist?list=PLA7CxCeaXmPIT6yxd553K7X-L-3k6gwYS

「ブルー・クリスマス」以外のnote'n notesの発表した曲は全部ここで聴けます。
同曲異演の映像が多かったので、すっきりしたと思います。ぜひ聞いてみてください。

では!

↑このページのトップヘ