2010年07月



新曲できました。奇しくも雨の日にうpした「雨の降る場所」です。作詞は「マイガール」でも共作した、アキラさんです。私の原案に基づいてとても素敵な言葉で彩ってくれました。どうも、ありがとうございました。

この曲のサビのところは夢でできました。夢で出来た曲というのは、たいていの場合失敗作に終わるのですが、でも、「いや、今回だけは違うだろう」とたいてい思い込んでしまうようです。

ですので、夜中に目覚めたときに「よし、次の朝まで覚えていたら作ろう」と思いました。そしたら朝目が覚めたときに、自然とこのメロディが出てきたので(このメロディが何だったか一瞬思い出せないくらい自然に)、よしじゃあ作ろう、と思いました。

夢で全編作曲することもあるのですが、たいてい忘れてしまいます。だから、大事なところ「サビ」だけは覚えておこうと努力するのです。そして、サビ以外のところをまた0から作るのですが、いつもどうしても繋がりが悪くなってしまうのです(僕がメロ先が苦手というのもありますが)。

そこで、今回、その反省も踏まえて、メロディをあえて考えないで、サウンドから作っていきました。そして、僕がイメージする歌の世界の言葉をいくつも列挙し、そこから気にったものを次々あてはめていって、最後にメロディで言葉の帳尻を合わせる、という方法をとりました。

よって、メロディが相当流動的なのが分かると思います。

そんなわがままな自分の要求を受け入れ、作詞家としては不本意な、「言葉だけを生み出す」という作業を引き受けてくれた作詞家アキラさんには、どれだけ感謝の言葉を重ねていいものか分かりません。本当に、本当に、ありがとうございました。おかげで、自分では会心の作品になったと思います。

…ええ、会心の作品なんですが、ニコニコ動画のマイリスト率が極めて低いとはこれいかに!これを御覧のみなさん、ぜひぜひ、(もちろん気に入ったらですが、そのハードルをほら、少し低くしてみませんか?)ニコニコ動画、マイリスト登録お願いします。ニコニコも貼っておきますね!!地味なのかなぁ…。



ミク、は今回本格的に「ランダマイズ」機能を使ってみましたが、すごく自然にピッチの揺れが出ます。ハモリのほんのちょっとの濁りようなんぞ、すごく素敵。こういう語るような曲だとさらに効果的ですね。ただ、ファイルの読み込みに倍近い時間がかかります。でもこれは記録されたデータが増えることですから、仕方ないことですよね。

あと、メロディの構築ですが、即興で自分が歌い、それをピアノでなぞり、ミクに読み込ませました。よって、縦の線が合っていないところがありますが、それは僕の癖、ということになりますね。そう、ミクと俺は一心同体(←)。この手法をこれからも使っていこうと思ってます。VOCALOID操作においても一皮むけた作品だと思います。(オケの話はもうひとつのブログ、ryo-ta's home edition βをお読みくださいまし)。

だ・か・ら、みんな聞いてね❤

これからの予定ですが、しばらく8月はうらじゃのコンペのための音源製作があるので、ミク歌に少し間がでるかもしれません。でも、その間、色々ネタを考えておこうと思います。

最後になりましたが、イラストのミクはかこいさん(http://piapro.jp/gyo666)、紫陽花を彩クリWEB(http://www.sai-create.com/)にお借りしました。ありがとうございました。

きょう、りょうたは構築したかった。
それできょうりょうたと、データに進行した?

*このエントリは、ブログペットの「豆三郎」が書きました。

音楽投稿サイト、クレオフーガで知り合った、夢前黎クンがホームページを作ったのでご紹介です。

▼夢前黎のサイト▼
『Re:I』
http://rei-yumesaki.jimdo.com/

なにはともあれ、この季節にピッタリな、僕のお気に入りソングを紹介します〜。



とにかく1番まで聴いてみてください。どうです!ものすごく秀逸な作品で、再生回数も1万を超えています。若々しいインスピレーションにあふれています。そして歌声もすごく印象的ですが、結構インストものも作っています。この曲も好き。



これは最近の作品ですが、だんだん、作風がタイトになってきて、洗練されてきているのが分かります。かつて、むき出しだったインスピレーションが、がっしりとした構築性に内在されるようになってきました。そしてこの曲。



この曲はYouTubeにアップされている夢前黎クンの一番最初の作品なのですが、この曲を聞いたときに、ものすごく胸が熱くなったのです。

これを聞いたときにすぐに「あ、これは自分で音を探って作ってるんだな」って気づきました。自分の感性にしたがって曲を作ると、自然と転調もするし、そして、それって「いわゆる一般的な音楽理論」に近づいて行くんですよね。つまりこれは、コード進行的には全く普遍的だけれど、この曲が普遍的なコード進行から作られたわけではない、ということです。

ここから、すごく感傷タイムに入りますが、よろしかったでしょうかー。

僕と同じだ、って思ったんです。僕も、大学時代に、初めて曲を作ったときに、理論もなにも知らず、けれど不自然じゃない音を拾って行って、転調もして、自然と曲ができたんです。そして、何曲か作っているうちに、複数のフィルムを重ねていって、重複している部分がいわゆる理論なんだな、と自然と学んでいきました。

それと同じ事を、もっと若くしてしている夢前クンは、自分なんかよりものすごいアドバンテージを持っていると思うし、そういう点で、「どうして自分は作曲に目覚めるのがこんなに遅かったんだろう」という悔しさも覚えます。けれど、似通った音楽の才能を持っていると(自分が勝手に思っている)いうことで、常に夢前クンの作品には注目しています。

ようは、夢前クンに自分を照らし合わせているような部分があります。他人とは思えないところがあります。

夢前クンが例えば、音楽で成功し、生計を立てられるようになったとすると、「もしかしたら自分にも起こり得たかも知れない未来だったのかもしれない(時制がややこしいですが正確に表現するとこうなります)」と思って、自分の運命を呪うことになるであろう、そんなアーティストです(笑)。あと、なんか、度胸もあるし集中力もある。あ、自分にないものばっかりじゃないか(笑)。

友達紹介なのに、ものすごく変なエントリーになってしまいましたが。夢前クンについては本気で一度自分の気持ちを書きたい、伝えたいと思っていたので、いい機会なので書かせていただきました。

夢前君、こんなオイラだけど、これからもよろしくね。

▼伊藤龍太の音楽展望▼
http://www.voiceblog.jp/ryotaito/1180990.html

ntさんのMelancholieを流させていただきました(17:20)(解説ページはこちら→http://www.signes.jp/textes/index.php?id=703)。負けずに私も新曲のデモを。「雨の降る場所」(24:55)。「マイガール」でコラボしたアキラさんにお願いして、私の原案から作詞して下さいました。

きょうりょうたと、マリーも執筆♪

*このエントリは、ブログペットの「豆三郎」が書きました。



新曲できました。「かえるの盆踊り」。作詞は音楽友達(ブログからリンクもさせていただいてます)美姫さん…のお母様です。どうもありがとうございました。ミクにコブシを回す歌を歌わせたいなぁとかねがね思っており、美姫さんのお母様の歌詞が日本情緒あふれるものなのだったのでチャレンジしてみましたー。いずれはド演歌を、ともくろんでます(笑)。お母さん、よろしくお願いしますm(_ _)m しかしミクってなんでも歌えるんだなぁ…。

また、同じ詩に曲を付けた美姫さんの「カエルの盆踊り」もありますので、そちらもぜひ合わせて聴いてみてください。こちらの方がゆったりとした盆踊り風です。メロディは違うけれど、基本的なリズムや小節数などは一致しているんですよね。おもしろい。

▼美姫さんの「カエルの盆踊り」▼
http://www.geocities.jp/kurosuke2cat/new_page_63.htm

動画制作にあたり、太鼓ミクのイラストはピアプロよりPikuさん(http://piapro.jp/pikuotaku)、花火はlinkstyleさん(http://www.linkstyle.co.jp/)、かえるは風と樹と空とフリー素材さん(http://kaze-sora.com/)にお借りしました、ありがとうございました。

【2010年7月20日 追記】
この作品が、作詞者の美姫さんのお母さんの地元のお祭りのメインイベント、子供たちによる太鼓演奏で使われることになったそうです。嬉しいことです&恐れ多いです。美姫さんの「カエルの盆踊り」もご年配方の合唱&演舞のだしものとして使われるそうです。これからも、自然にみんな愛されるような作品を作っていきたいと思います。ありがとうございました。

きょうは豆三郎と集中する?
それとも参考する?

*このエントリは、ブログペットの「豆三郎」が書きました。

さて、ほったらかしになっていた普通自動車免許取得の記録ですが、ザーッといくよ。もう細かいところは忘れちゃったけどネ。沢木耕太郎の「深夜特急5,6」は日本に帰って歳月を経てから書かれたらしいけど、そんな感じで読んでくださいね(おこがましいっ!!)

ツイッターで教習ネタはハッシュタグ付けてたから、これ見るとだいたい思い出せると思うんだけど。http://twilog.org/ryotaito/hashtags-ryo_ta_kyoshu

ではレッつごー。

10日目



麻雀大会したって記録にありますねー。一人卒業しちゃって、三人打ちだったのかな。両方2着だったのかな。

11日目



新しい方が2人入ってきて、将棋を教えてもらいがてら試合をしたんですが、角飛車落ちでも負けました。定石知らないのはお話にならないらしい。

12日目



久々に作曲したんだ。次の日卒業検定なのに脱輪して・・・・・ん、一日足りないな…。

そうそう、朝温泉行って、帰りにあやめ公園発の電車乗り遅れて、一時間こないもんだから、長居駅まで散歩がてら歩いて行った。長居駅で、地元の旅行客(おばさん集団)が駅員さんに引率されてゆく。なんだか和む光景だなぁ。多分、この日に一番長く一緒にいた二人、K君、H君とおわかれ。連絡先を聞いておけばよかったよ。

13日目



???

14日目



で、ついに卒検合格!!!

これ言っていいのかなw教官に「縦列と方向転換、どっちが得意だ?」と聞かれ「縦列です」と言われ「そうか」と縦列だけで見逃してもらえたというww

同じ大型免許の卒検を受けていたおじさまと一緒に記念写真を撮って、昼飯をごちそうしてもらう。冷やしラーメン、うまし。なんだか、山形が発祥らしいが本当だろうか。

そのおじさまに、「山形まだ帰りたくないなーなんかいいとこありませんか?」と聞いたら、赤湯の隣、高畠なんてどうだろうかと勧められる。駅に温泉付きの安い旅館があるし、ワインハウスもあるからお土産もそこで買えるし、ということだった。

寮に残るSさん、Tさんに別れを告げて、赤湯まで運ばれる。行きの時と同じ教官のたまごさんで、はい、やはり教官はモテるらしいです、はいはい。

そして赤湯。せっかくだから、高畠で一泊することにする。しかし、新幹線と同じくらい各駅停車も来ない。さすがである。

つかれたから、高畠編はまた後日。おやすみー。

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)
著者:村上 春樹
販売元:文藝春秋
発売日:2010-06-10
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

村上春樹の趣味のマラソンを通して振り返った自分史的な内容。こういう本を出したら作家っておしまいだよねー、的な雰囲気を彼の文章から感じていたけれど、とうとう自分が出してしまいましたな、ふふふ、といった感じ。普通のエッセイ以上に、公平であろうとする態度がいささか堅苦しくて、結局、なんだか説教くさい文章になってしまっている気がした。もったいない。

ムツゴロウの雑居家族 (1981年) (文春文庫)
著者:畑 正憲
販売元:文藝春秋
発売日:1981-12
クチコミを見る

安心のムツゴロウさんクオリティ。でも、どこか歯がゆい。「青春期」「結婚期」「放浪気」や「どんべえ物語」はやはり別格なのだろうか。


ビーチ・ボーイズ―リアル・ストーリー〈上〉
著者:スティーヴン ゲインズ
販売元:早川書房
発売日:1988-06
おすすめ度:2.5
クチコミを見る

ビーチ・ボーイズ―リアル・ストーリー〈下〉
著者:スティーヴン ゲインズ
販売元:早川書房
発売日:1988-06
クチコミを見る

二流ゴシップ本とこき下ろす人もいるらしいけれど、僕は感銘を受けた。膨大な資料と証言を元に構成されており「ブライアン・ウィルソン自叙伝」でさえ本書を参考にしたのではと思われる箇所がある。

ブライアンの奇行ばかりが取りざたされるが、マイク・ラブも相当変わり者であり、その取り巻きも胡散臭い連中ばかり。ウィルソン兄弟の父、マリーの息子たちへの陰湿ないじめも事細かに書かれており、特にブライアンの曲を「お前の曲の価値は今こんなものだ」と信じられない安値で音楽出版社に売ってしまう仕打ちなど、この本で初めてブライアンのつらい気持ちがわかった。そして、この本の執筆終了時には、まだブライアンにその出版権がない(その後買い戻すことになるが、数十年の歳月を経て、だ)。

いまでは不動の地位を築いているビーチ・ボーイズだが、その人気は60年代を過ぎたころとても不確かなものであった。しかし、彼らはリバイバルする。70年代中盤、ベストアルバムがダブル・プラチナを記録し、再評価の波に乗ったのだ。しかしこれは、本当に「偶然だった」としかいいようがないくらい、不確かなものだったということがわかる。

けれど、そこで本を閉じ、思う。「偶然じゃなかったのかもしれない」と。そして、偶然ではない理由はなんなのかと考えたときに、ブライアン・ウィルソンの曲と、ビーチ・ボーイズのハーモニーにたどりつく。それしかないのだ。なんというすばらしいことなんだろう。自分が青春時代に聞いた曲が、まさか10年後の若者にも愛されると誰が考えただろう。

下巻の後半は、肉親や親族、仲間同士の訴訟合戦になるが、このあたりは、頭がこんがらがってくる。けれど、ビーチ・ボーイズは「アン・アメリカン・バンド」の象徴となった。これぞ、アメリカン・ドリーム、なのだろう、か?

きょう豆三郎は自覚しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「豆三郎」が書きました。

りょうたの「9日目」のまねしてかいてみるね

9日ではなく、終わった。
それを飛躍的にむなしさを復活させるのように向上させるの代わりに巡らせてやる作業だと人工呼吸を見かけたらみんなやってやる作業だと、心臓をすることなと知った。
井戸の代わりに欠いた?
心肺蘇生法と知った♪
井戸の代わりにむなしさを見かけたらみんなやった人をやった日で、心臓を汲むくらい易しいことで、死亡は、ぜひ心肺蘇生法はなくなって麻雀(3人打ち)を体内に向上させるのが湯水のように流れていき、ぜひ心肺蘇生法は、ちょっと気分が滅入ったりし、ぱっとした後(3人と思ったしない一日目今日はなく、ぜひ心肺が湯水のように向上さを体内に流れてほしいなと知った後(いま)非常にむなしさをやった後(3人と、脳死の可能性を復活さを体内に向上さをやってやる作業だと知ったしない一日目今日は、ちょっと気分が目的で、ぜひ心肺蘇生法と思ったし、今日はもとより、脳死の可能性を飛躍的に欠いたした、今日はなくなってやる作業だと人工呼吸を汲むくらい易しいことができる。
それと思った後(3人打ち)非常に欠いた、終わった後(3人を飛躍的にむなしさせるのが停止した、死亡は心肺ができる?
それを見かけたらみんなやった人と思ったした、ぱっとし、心臓の代わりに流れて麻雀(いま)を感じて麻雀(いま)をすることが湯水のように欠いた日目今日は、死亡は、血液をすることで、ぜひ心肺ができる♪
温泉も行かなかった心臓をすることが湯水の水を飛躍的に巡らせていき、脳死の可能性をやった人打ち)非常にむなしさをやっていき、終わったし、死亡はなくなっていき、脳死のが停止してほしいなので、ちょっと気分が滅入ったりし、ちょっと気分が送れなくなった日で、壊死、死亡は運転は集中力に欠いた、脳死のが目的では心肺蘇生法と知った。
心肺蘇生法はなくなって麻雀(いま)を感じてやる作業だと人工呼吸をしない一日目今日は集中力に、ぜひ心肺蘇生法と人工呼吸を体内に欠いた。
心肺蘇生法と知った日目今日は、死亡はなくなった日では運転は運転は運転は心肺が滅入ったりしたし、血液を飛躍的にむなしさをやった、終わったし、血液が湯水の可能性をやっていき、ちょっと気分が停止し、血液が停止したし、ぜひ心肺蘇生法と仲良くなっていき、ちょっと気分が停止し、壊死、ちょっと気分が湯水の可能性を見かけたらみんなやってほしいなと思った人打ち)を汲むくらい易しいことが滅入ったりしない一日で、今日は集中力に欠いた。
温泉も行かなかった。
温泉も行かなかった心臓をやった、ちょっと気分が滅入ったりしてほしいなので、終わった人打ち)非常にむなしさせるの代わりに巡らせている。

*このエントリは、ブログペットの「豆三郎」が書きました。

↑このページのトップヘ