2010年04月

きのうはりょうたの女流作家みたいな追記したいなぁ。
それで披露された!

*このエントリは、ブログペットの「豆三郎」が書きました。


新曲アップしました。初音ミクに歌わせた「初恋桜」という曲です。詩はtionさん、絵は優和さんの作品です。お二方ともピアプロにいらっしゃいます。本当に、ピアプロは素晴らしいアーティストがたくさんいて、切磋琢磨しており、自分も頑張らなきゃなって思います。

優和さんのこの絵は、本当はもっと縦長で、申し訳ないながらも、少しカットしてしまったのです。ぜひプアプロに原画を見に行ってくださいね。見ているだけで涙が出てきそうな素敵な作品です。

この曲のmp3もピアプロにありますので、気に入ったらダウンロードしてi-podのおともにしてくださいね。

▼詞 tionさん「桜」▼
http://piapro.jp/content/g4v16j614hvz6djp

▼絵 優和さん「spring」▼
http://piapro.jp/content/2v0y7v7ngl9du2n7

▼ニコニコ動画もあるよっと▼
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10258568
(画質、音質改善したのをUPしなおしました!ニコニコのほうがYouTubeよりきれいにアップできるんですね。知らなかった。)

(4月11日追記)

フルヴァージョンが完成しました。

http://www.youtube.com/watch?v=sJKOllEttp0(YouTube)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10359657(ニコニコ)

絵は、前述の優和さんをメインに他の作家さんのも使わせていただきました。ご御礼申し上げます。

【久楽さん】http://piapro.jp/kutara
【sealagoonさん】http://piapro.jp/sealagoon
【Hituzi123さん】http://piapro.jp/hituzi123

shortとfull、どっちがいいんだろうなぁ。自分では少々判断しかねますので、両方聴いてみてください(笑)。fullもピアプロにmp3置いておきましたのでご自由にDLくださいね。

Great Emi RecordingsGreat Emi Recordings
アーティスト:Paul Tortelier
販売元:EMI Classics
発売日:2010-02-08
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


軽やかさと清潔さがあるトルトゥリエのチェロの音色、そしてさわやかなハイドンの響き。朝に聞くとなんとも気持ちがいい。朝日差し込む、真っ白な部屋で弾かれていると思いたいほど。指揮もトルトゥリエが弾き振りをしているよう。すごく丁寧な伴奏で、トルトゥリエのソロにつけている。オケの奏者全員がこの「チェロのフライ級王者」を心より敬愛している様が音からも十分伝わってくる。とても感動的だ。

トルトゥリエの弾き振りのせいもあるのか、チェロのソロの速度に合わせた伴奏になっており、一種独特の世界を築きあげている。トルトゥリエは、早いパッセージのところはガシガシと弾くが、音数が少なくなるところで、ふっと立ち止まるかのようにテンポが解放される。それに合わせてオケも歩みを緩め、うなずくように合の手を入れる。そのあたりが、ハイドンの音楽を超えて、感動的である。

バロック音楽を聴いていると、なんか自分の前世のことに思いをはせたりするときがあったりするが、これもその「前世回想系」な演奏と言えるかもしれない。

カデンツァはトルトゥリエの自作だろうか。ピッチをわざと不安性にさせて聴き手の耳を引きつける。技だ。

ボッケリーニは曲がとても風変わりで面白い。ソナタ形式ではなく、パッチワークのような音楽。よくハイドンとカップリングされるが、曲の構造が全然違う。これはレコード会社の良心と考えてたいね。第二楽章、第三楽章が情緒的でいい。

ディスク全体に言えることだけれど、ソロは伴奏にやや埋もれがちであり、これがトルトゥリエのバランス感覚なのかもしれない。聞き流そうとしてしまえば幾らでもできてしまうが、じっくり聞くと名人芸が惜しげもなく披露されている。もしくはオケに溶け込んでしまう響きのするチェロなのかもしれない。


マイガール/初音ミク powered by ピアプロ

新曲できましーーーーーーーー(涙)。アキラさんのマイガールという詩に曲をつけました。

▼アキラさん「マイガール」▼
http://piapro.jp/content/vwrdedwmw3snik2g

音が悪いのは、このピアプロプレイヤーの仕様なので、ぜひDLして聴いてみてください。音が全然違います。そして、初音ミクの調声が、結構、大変でした…。

でもおかげで、相当初音ミクのニュアンスが分かりました。次はもっとサクサク作れると思います。楽曲的には、かなりトリッキーな転調をつかってみました。気づかないでしょ。まあそのあたりが腕の見せどころやね。

今からYouTubeとニコニコ用に動画を作ります。ゴールまでもう一息。ちゃお。

先日レンピッカ展にBUNKAMURAへ行ってきました。

▼レンピッカ展公式サイト▼
http://www.ntv.co.jp/lempicka/

正直全然興味がなかったけれども、最後の方では「1人の絵描きの生涯」が重く実感させられた。

何の個性もない初期の作品から、いわゆるレンピッカの「個性」が「突然」表れ一世を風靡した絶頂期。そして絵の注文が激減し、作風に迷いが見え、抽象画にも挑戦した迷走期、そして、従来の肖像画に舞い戻った晩期。それが時代順に展示されている。

絶頂期の作風は僕をいらいらさせた。そこには女の傲慢(そして裏返しの自信のなさ)と自らの作風を省みようとしない無反省さが感じ取れ、「これは必ず消えてゆくだろう」と僕は予言することで、この女流作家を封じ込めた。そして、それはしっかりと的中することになる。

絶頂期の肖像画は、こちらに目を向けているものが少ない。おそらく、人間というものを信じておらず、そして愛していなかったに違いない。元旦那を描いた未完成の肖像は、やむを得ず向き合わずを得なかった(おそらく)唯一の相手であり、人間と交わることで付いて回るいやな面、嫌悪感や恐怖感だけで描かれているような、おどろおどろしい作品である。

しかし、晩年の肖像画は違う。昔日の作風が入り込むことがあっても、そこに描かれているのは「人間」であり、温かみやユーモラスさがあって僕は好きだ。とくに顔を隠している女性の作品が気に入った。

けれど、これらの作品がレンピッカの代表作として扱われることはない。本来の自分の姿を知ってもらうには、裏切り続けた時期が長過ぎたのだろう。けれど、最後に本来の自分に戻れたレンピッカは幸せだったに違いない。晩年の写真のいい顔をしていた。

音楽展望17更新しました。

▼伊藤龍太の音楽展望▼
http://www.voiceblog.jp/ryotaito/

今回はほとんどしゃべってます。伊藤の軽妙なトークが好きな方は福音の回となるでしょう。あと、妙〜じしゃん、弱つよむさんの「美容整形クリニックブギ」を流しました。

あと、今回からシーサーブログに移行する予定だったのですが、100Mの保存容量に激萎えしてしまい、やっぱりケロログのまま行くことにしました(ケロログは2G)。だから重いの本当に何とかして〜(涙)。

豆三郎がりょうたはA型仕事を解放♪
それで豆三郎は初音ミクが創作するはずだったの。
でも、りょうたで重奏曲判断したよ♪

*このエントリは、ブログペットの「豆三郎」が書きました。

今日ツイッターでちょっと盛り上がった話題(一人で盛り上がってただけですが)、作曲家の血液型。もったいないので記録に残してみようと思う。

A型


仕事のベストを考える。だから納期は絶対に守る。自分の仕事のやり方があり、それをかたくなに守る。納期を守るためにクオリティを下げざるを得ない時も、自分なりのその術が決まっているので苦にしない。仕事の能率という、芸術性・創造性という相反する要素がだんだんと融合されてゆくため、後年は保守的な作風になる場合も多いようだ。

ex)バッハ、ヴィヴァルディ、ペルゴレージ、モーツァルト、ヴェルディ、ヴェーバー、ショパン、ブラームス、プーランク、ラヴェル、ドビュッシー、ブルックナー、マーラー、プロコフィエフ、ラフマニノフ、シェーンベルク、R・シュトラウス、ヴォルフ

O型


その時のベストを考える。一見納期は守ってるように見えるが、本当は練り上げて作り上げたい気持ちがあるため、不満を感じている場合がある。よって自由に創作できる環境を求める傾向がある。創作に自由に時間が充てられるようになると、その徹底主義から寡作になりがちになる。作風もあまり保守化せず、むしろ晦渋になってゆく場合もある。

ex)モンテヴェルディ、ヘンデル、ハイドン、ベートーヴェン、シューベルト、ロッシーニ、ワグナー、シューマン、パガニーニ、リスト、ドヴォルザーク、プッチーニ、ベルリーニ、ドニゼッティ、チャイコフスキー、ベルク、バルトーク、バダジェフスカ(笑)

AB型


作品のベストを考える。作品こそがすべてであり、自分は二の次と思っている。よって、作者の顔が作品から覗くことはほとんどない。それだけ、作品のコンセプトというものをものすごく大事にする。逆に言うと、一つ一つが完成された作品になっており、それら作品群を関連づける要素は希薄な場合が多い。納期という概念は頭から抜け落ちている。

ex)ストラヴィンスキー、ショスタコーヴィチ、ディリアス、大滝詠一師匠

B型


自分のベストを考える。つまり、自分の興味が別のものに移ってしまったら、机に向かっていること自体がだんだんみじめに思えてくる。そしてペンを放り投げる。つまり、作曲家に向いてない(あくまでお遊びだから怒らないでね)。でも演奏家に向いている気がする。よかったね。

ex)ベルリオーズ(演奏者)アルゲリッチ




ん、俺?俺はO型(いい作曲家ばっかり集めやがって、コノヤロー!)

(注)上記の作曲家の血液型は、全て推測です。

お待たせしました。ネットラジオ伊藤龍太の音楽展望、更新しました。

▼音楽展望18▼
http://www.voiceblog.jp/ryotaito/1104908.html

新曲「マイガール」のデモやクレオフーガの賞品を贈ってくださった会社、株式会社天草市場さんからのメッセージをよまさせていただきました〜。

30分番組です。お時間ある方はどーぞ。

あと、来週からケロログじゃないところにアップするかもしれませんので(不具合が多すぎます)、一応ご報告です。よろしくおねがいします。

Great Emi RecordingsGreat Emi Recordings
アーティスト:Paul Tortelier
販売元:EMI Classics
発売日:2010-02-08
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


バッハに引き続きヴィヴァルディ。バッハの無伴奏チェロと同じ態度で弾いているように思う。バッハでは「積極的な抑制」を感じたが、それはこういうバロック〜以前の作品に対するトルトゥリエの共通する演奏態度なのか、それとも歳ゆえのことなのかちょっと判然としない。

ただ、ヴィヴァルディはコンチェルトのせいか、ちょっとガッツ不足のような気もする。同時にオケの伴奏も強すぎる気もする。ヴィヴァルディの音楽の無味乾燥に起因する問題のような気もしてくる。これを聴くならバッハの無伴奏のほうがよほど面白いだろと言われればうなずくしかない。緩除楽章の静けさは悪くない。

ところで、この曲をチェロ用に編曲したのはマリピエロという近代の作曲家で、この人の弦楽四重奏曲は面白い(というよりもそれしか聞いたことないですが)。何度もこのブログで取り上げているのでご興味があれば探してみてください。

Great Emi RecordingsGreat Emi Recordings
アーティスト:Paul Tortelier
販売元:EMI Classics
発売日:2010-02-08
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

バッハの無伴奏チェロ組曲、アホらしくて全く退屈してしまう。名チェリスト、カザルスが故国スペインの古本屋で「再発見」したことで有名だけれど、本棚の片隅にそっと静かに眠らせておけばよかったのにと思う。

まさに「バッハの名前で出ています」だけの音楽だと思っていた。しかし、このトゥルトゥリエ盤で考えを改めさせられた。すごく楽しくて、色彩豊かな音色にびっくりした。

そう、まずはこの音色。誰のものでもない、トルトゥリエだけの音色である。ぶどうのように甘く柔らかい。

そして、無理に音楽に意味込めをしないのもいい。バッハのこの「名曲」を本来の「練習曲」という位置に戻したのだ。音符も「名曲」の緊張から解放され、リラックスしているようだ。

トルトゥリエはノンシャランに、自分の指の周りをチェックするように弾いている。まるで毎日の日課であるかのように、けだるく、けれど確実に譜面は前に進んでゆく。そして彼が弾いている間、誰も近づけないようなまぶしい風格がある。それはチェロの王者の風格である。

好みはあるだろうけれど、僕は、こういうものこそに「本当の音楽」を感じるし、それを感じさせる奏者が、僕以外の人間にも評価され、このように録音が残っているのをほとんど奇跡のように感じる。

素晴らしい、としか言いようがない。

りょうたの「初恋桜/初音ミク」のまねしてかいてみるね

(しばらくこの記事がたくさんいており、気に入ったらダウンロードしました!ニコニコのこの曲のおともにmp3も使わせた「spring」▼詞tionさんをUPしなおしましたのでご御礼申し上げます!
見に行ってみてきそうな素敵な素敵な作品です!
優和さんをメインに表示されます)(4v

*このエントリは、ブログペットの「豆三郎」が書きました。

CDの規格以上のものが配信で手に入ってしまう。

これは、いろいろ言いかえられる。

CDの規格以上のものを自分から配信することができる。
CDの規格以上のものは配信でないとできない。

かといってSACDはなかなか定着しないし。もうCDが消えてしまうのではないかと思った。実はものすごくダイナミックな変化の時期に我々はいるのかもしれない。それの流れを味方につけられるのは、既存の「レコードを売る」コード会社のアーティストではなくて、アマチュアからぽっと出てくるような気がする。もう自分の部屋が売り場になる時代が来る気がする。

ユーザーとしては、プレイヤーがCDの規格にのっとっていいるので。その「CDの規格以上」のデータをCDに焼いてコンポで楽しむ、ということができなくて不便だ。僕は「DVDプレイヤー」でCDを聴いているけれど、このデータを「CD」と認識させずに例えば「DVDの音声」とか、高フォーマットのファイルとして認識させ再生できるようなことができたら未来が開けてくるかもしれない。最近のDVDプレイヤーはMP3も再生できるので、「CDの規格を超えたMP3」というものが開発されたらいいのになあと思う(素人考えまるだしですけど、あくまであったらいいなの話)。

現状パソコンで再生させることになるけれど、それでもWINDOWSでASIOも通さずに聴いて、その規格を生殺しにしているリスナーなどはゴマンといるだろうし(その前に私はASIOも少々疑いを持っているけれど。ちょっとマックをいじってみたい)、こちら側の「自衛」もしっかりしていないとアーティスト側も開発側も報われない。

共に意識を改革して、音楽の未来を考えてゆきたいですね。おしまい。

コスタリカの豆はかなり自分の口に合う。中音域が豊かというか、そんな味。そしてふくよかな甘みが跳ね返してくる。この試飲記は、最初に飲んだ時のファーストインプレッションをまず書き残しておいて、豆が少なくなってきた頃に改めて書き足しているのだけれど、最初の文章はその時の文章のまる写し。しばらく豆を置いていたせいか(20日くらいか)苦味が強くなっていて、ちょっと印象が変わった。時間を経ると(コーヒー豆は往々にしてそうだと思うが)かなりその苦味が鮮烈になる。好き嫌いが分かれると思う。自分にとっては早いうちに飲むべき豆だなと思った。

スノートップ。アフリカはタンザニアの豆、地域がいきなり飛ぶがセールだったため(笑)。この豆も、好みからいえば、最右翼になるような気がした。私の好みとは、かおりよりも、コクがある方を重視するということだけれど、この豆は、コクの中に落ち着いた淡いブルーの色彩を感じられる。東山魁夷のコーヒーカップ(みたいのが、例えば、あるとすれば)にしっくりと収まる味、といった感じだろうか。なんか、新幹線で出されるコーヒーの味に近いような。

苦味もほとんどなく、飲みやすい。コクの後に残るのははっきりした甘みで、そのせいか「とろ」っとした柔らかい舌触りを感じさせる。油断すると何杯もお代わりをしてしまう(笑)。知らない人はぜひ飲んでみてください。

後で調べたら、キリマンジェロもタンザニアの豆なんですね(全然無知なんですよ、スイマセン)。確かに後味がキリマンジェロに似ているかもしれません。若貴兄弟に例えると、スノートップは若乃花でしょうね〜。いい豆を見つけた、ほくそ笑んでいましたが、全然メジャーですね。伊藤の味覚は、至って標準ってことでしょう。

↑このページのトップヘ