2009年05月

いつまで痛むんじゃい!のおやしらず抜歯後の経過ですが、今日久しぶりに「あ、生きるって素敵」と思えるくらい回復しました。まだちょっと晴れてるけど普通にご飯食べられる。

それで食べ過ぎて体重増。これもリバウンドと呼んでいい、よね?

運動ももう出来るでしょう。六月頭に健康診断あるので、少し絞らなきゃ。

我がnote'n notesの相方、天瀬まゆさんが、所属していたFM浦安を辞められたとのことで、びっくりしてしまいました。

という訳で、FM浦安における「HappyMaker」の放送は5/26の天瀬まゆさんバースディ放送が最終回ということになってしまいました。それもなんという因果でしょうか。

でも、再開を約束してくれました。今の天瀬さんなら、失ってしまった事よりも、新たに出来る事の方がたくさんあるような気がします。

気長に待ちましょう。

ガキの使い今日こそは観たいぞ!おぉぉぉ!


とダッシュで帰ってたら、土曜日だと気づいた。


日本の平和を象徴する番組をやってました。

あぁ、若い女ってめんどくさいね(←オヤジまっしぐら)

ボーノライブ終了しました。来店いただいたお客様、みんなありがとうございました。

詳しくはnote'n notesのブログに書こうと思いますのでそちらを。

アタクシは当然、多分、まゆっちょも、出来に関して不満のあるところもあるでしょう。

つらいなぁ、つらいけど、成長してる証拠。

少なくとも、仕事上がりに駆け付けるのはもうやめよ。やっぱりリハないとちょいキツいわ。

あと、ライブ三日前に歯を抜かないこと。

本日のnote'n notesのライブ会場、ピッツェリア・ボーノ・ボーノに向かってます。

抜歯痛のため、本日伊藤のソロ歌わないことにしました。というよりも、今日痛みがなくなっても、昨日も全然練習出来てないんだから、やる方がお客さんに失礼かな。

ハモりくらいは出来るから、ハモり頑張るぜ!純正律で!←本当は意味分かってない。


アクセンフェルト・ラスト・コンサート
アーティスト:アクセンフェルト
販売元:カメラータ東京
発売日:2005-12-15
クチコミを見る


バーゲンで買った。ブラームスのピアノ曲を全然知らないので、まとまっていて便利だと思ったから。

このアクセンフェルトというピアニストは知らなかったけれど、演奏の素晴らしさに度肝を抜かれた。一音一音が心にまっすぐ響いてくる。こんなにブラームスの心は澄み切っていたんだと。高齢ゆえ指の回りが固いところもあるけれど、そのぶん、一音一音に心がこもっていて、耳を傾けさせる。ゼルキンに教わったこともあるらしいが、ちょっと納得。ベーゼンドルファーを弾いており、ちょっと晩年のバックハウスの感じもする。

いい演奏だなぁ、いい曲だなぁとうっとりしちゃう。

と思ったら、3つの間奏曲の3曲目、5:30〜にケータイの着メロが!!


がーーーーーん。(でも、演奏は全然動じてない)



この録音は1996年「草津夏期国際音楽アカデミー」でのライブ録音。この場ではアクセンフェルトが音楽家の卵たちに教鞭をとったりしていた。

その教え子のものと思われる着メロ、そして、それがアクセンフェルトの最後の録音。

所詮、日本のクラシック演奏家なんてこんなもんかしらね、と天国で言われているんだろうなぁ。

今日は親知らずを抜歯しました。

腫れるでぇ!

と、先生に宣告されました。

抜くのに相当てこずっておられました。

自分の根性と同じように、根っこが変な方向にカーブしていたのが原因だそうです。




正直痛くて何もする気になりません。

note'n notesの練習、たまにフリーズしてました。

お昼は牛丼を死ぬ思いで食べました。全然おいしくなかったです。

ディスクユニオンで買おうとしてたCD、買われてしまってました。



寝よ。

オセロー (新潮文庫)
著者:シェイクスピア
販売元:新潮社
発売日:1973-06
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


シェークスピアは、やっぱり面白い。ゆくゆく全部読んでみたい。

解説を読んで、気付かされたことがある。

オセローの妻への嫉妬は、嫉妬のための嫉妬という次元だったように感じた。

「嫉妬という感情は愛情から発するもの」という常識が、オセローを苦しめて続けていたのではないだろうか。

「愛するゆえの責任感としての嫉妬」、ということもできるかもしれない。そしてその「愛」ではなく「責任感」にオセローは正気を失っていった気もするのです。

証拠として、オセロの妻デズデモーナに対する愛情を私は感じなかった。そこにはムーア人という人種の隔たりを払しょくする(ないし汚す)ために、他民族の美人をめとる、というような屈折した感情もうかがえなくもない。実際、デズデモーナの父ブラバンショーに対する言動は、勇気ある誠実さ、というよりは、見下したゆえの大胆さ、といった感じがする。そこにはもちろん愛はない。

ストーカーと言われる人たちがいる。そういう人とオセロの行動は同じである。ようは、「愛」を知らない人なのだ。オセロの最期のセリフ「愛することを知らずして愛しすぎた男の身の上・・」。自己分析が立派にできているのを最後の最後まで誇示しているようで実にいやらしい。そういうところもストーカーと同じである。

愛は空気のように感じるものなのだと三十路直前男は思いますがね。

ちなみに、愛を「知らないこと」を知っていたのが、黒幕イアーゴではないだろうか。オセロとは正反対に、妻をあっさり切りつけて逃げてしまう。オセロとイアーゴはちょうど裏表の人間なのだ。そう、あのボードゲームのように。

note'n notesの動画がいよいよyoutubeにアップされましたよ。どんどんパフパフ!

動画制作、アップロードに携わっていただいた方々に、本当に感謝いたします。ありがとうございます。

サイドバーに張ってあるので、ぜひ見てください。ケータイからは見られないので、PCからアクセスしてね!

さ、早く寝なくちゃね。おやすむぅ。

↑このページのトップヘ