2009年02月

まゆっちょとの朝練も終わり、いざボーノへ。

朝、腹痛に見回れたが今は回復してます。

まゆっちょがチラシを作ってくれていて感激。そして、僕はかっこいいアレンジをお返し。

役割分担だと思う。

二人になるとこんなに力が出せるんだ、と、これは今まで一人で動いて来て、まったく知らなかった感覚です。なんでも出来てしまいそうな錯覚すらしてしまう。

これは全然違う話題だけど、今日、痛いお腹を引きずりながら練習場所へ向かう最中考えたこと。

やっぱり他人に癒される方がいい。それが本当だと思う。

CDや本やヌイグルミでは癒しではなくて、一時のさみしさ紛らわしだ、

本当の癒しはやっぱり「生」しかないと思う。それを僕らは提供できたらなと、決壊寸前のお腹を抱えながら思うのでした。

ec24c79c.jpg僕は大学生時代からHPを作ることが趣味みたいになって、アップロードにFFFTPというソフトをよく使っていた。

当時はダイヤルアップでねぇ、アップするのにも時間がかかったものだよ、しみじみ。でも、なんか充実感はあったよね。

今じゃ携帯電話で更新できる時代ですからね。

ブログの前身みたいのは当時からあったけれども、デザインも今ほど豊富でないし、FTPやhtmlタグを使えないと格好悪いような風潮がありましたよね、ね。だから必死で勉強したものです。

で、話は戻って、引っ越しの際にパソコンから縁切りして、実家で使っていたwindows95は処分され、パスワードもわからなくなり、ryotaito.comという自分のページも放置状態でした。

でも、今再びネットができる環境になって、何とか更新できないものかと23日前から格闘しておりました。

悪いことに、登録したメールアドレスは消滅しており、パスワードを再発行することもできません。このめんどくささは経験した方にはわかると思います。

いま目の前に、スタンドアロン状態のwindows98SEがあって、そこでHPをオフラインで更新して、ボーノでアップロードさせてもらうということを何度かしたことを思い出しました。なぜボーノでつなげたかと考えたら、FFFTPにパスワードを記憶させているとしか考えられませんでした。

ビンゴ!win98のFFFTPにはホスト名とパスワードがしっかりと保存されていました。しかし、パスワードが「******」状態です。

で、頭をもうひとひねり。調べるとあるんですね、「******」を解読しちゃうツールが。それによって目にしたパスワードは、まったく記憶にない乱数的なもので、これは絶対にこのツールがなければ分からなかったでしょう。

で、ドキドキして、そのホスト名とパスワードを入力し、接続。

おおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉ!




成功しました。懐かしいファイル名がずらずらと並んでるではありませんか!いやぁうれしいうれしい。大学時代に、飲んだくれながらアップロードした、懐かしのファイルたちです。

ブログは便利だけど、やっぱりデザイン的に融通が利かないんだよね。

また、ちょっとryotaito.comのドメインを取って、こっちをメインにしようかな。

ちなみに「noten-notes.com」も今とれるよ!どうする!まゆっちょ!(笑)

先日ハッピーメイカーに出させていただいた時に、note'n notes としての新曲「HAPPY MAKER」をライブで披露しているので、ぜひ聞いてみてください。35分ほぼ丁度から。ソロまゆっちょの曲「lights」もカバーしてます。23分くらいから。ちょっとピアノうるさいね。というかつぶれてる。モニターがうまくできなかったのよ。

http://www.fmu.co.jp/mayu.htm

ぜひ浦安の歌姫の歌声を聴いていただいて、感想をいただけたらと思います。いい声でしょ?そして、結構言葉の端々に無数のニュアンスが付いてるんだよね。これって、やっぱり声優として朗読などをしてきたたまものだと思うのです。説得力が違うよ。

ぜひ、はじめて聞いた方のまっさらなご意見を伺いたいのです。お願いします。メッセージいただけたらすごくうれしいです。

ryotaito@hotmail.com



さて、チーム名も決まって、いやはや
、めでたしめでたし、・・・だったのですが、今日、また新しいチーム名が降ってきてしまい、それをメールしたら、またまゆっちょ的ピンと来てしまったらしく、無駄に困らせてしまいました。でも、これもいい名前なんだよねぇ。オリジナリティもあってね。あぁ、言いたいけど、・・しばらく内緒です。

昨日(←日記として失格)、まゆっちょこと天瀬まゆさんのラジオ番組「HAPPY MAKER」に出演してきました。FM浦安のWEBでもお聞きいただけるので、ぜひ聞いてみてください。

なんか、伊藤、ラジオに何回も出させていただいているのに、いつまでたってもモゴモゴ喋る癖が治んないな。

マイクがね高感度のもののような気がして、ついつい大声で喋れないのよ。ほら、ミュージシャンだから(!)、バランスとか気を使うわけ。でも、ゲストのマイクはかなり絞ってあるみたいだし、WEBだとがっつりコンプレスされるから、今度はうるさいくらいの声で喋ろうと思う。

というわけで、ユニット名を発表しましたね。名前は・・・


「note'n notes」


(ノートン・ノーツ)



・・になりましたのでよろしくお願いします。多分、今年はソロ以上にこちらに注力してゆくと思いますので、ぜひ暖かい目で見守ってください。

で、新曲「HAPPY MAKER」はいかがでしたでしょうか。リズムが16のハネ系で、ピアノだけの伴奏だと、そのリズムを掴んでいただくのに時間がかかるであろうことは十分承知しております。多分聞き進めていただければ、ノレると思います。本番はタンバリンを要所に入れ、音楽を分かりやすくしようと思います。

この16のハネ系のリズムって、すごく嫌いでした。

これをつかうと、とりあえずなんでも形になってしまうので、作曲能力が低い人間が使うリズムだと思っていました。でも、まゆっちょに歌ってもらって、この手のリズムへの偏見が消えました。自分にとっても「HAPPY」をもたらしてくれた曲として大事にして行こうと思います。

b904f06b.JPG昨日、岩手のおばあちゃんから荷物が送られてきて、食材たっぷり。塩ウニ、ワカメ、ホタテ、黒豆、焼鮭、唐揚げ、そしてビール。

ビール以外、調理済みなのがミソ。つまり早いうちに食べ切らなきゃならない。頑張って太ります。

で、なんと毛ガニが入ってました!!自分の部屋に毛ガニがあるなんて、びっくりしてリラックマがおびえちょる。

毛ガニといえば、花*花の「コタツと毛ガニの巻」という歌を思い出しますな。コタツもないし、だいいち洋室だし。フローリングは冷たいぉ。

昨日テレビでやっていたけど、和室はいいですね。なんとなく妖艶さもありますな。実家にいた頃、どうしても和室が欲しくて抵抗したっけ。

話は一つ戻って、まゆっちょとのユニット名、花*花のアルバムから「2 souls」にしないと提案したらボツでした(笑)。いつになったら決まるんだ…。

まゆっちょは「ダメはダメ」ときちんと言える人なんで、組んでいてなんというか、清々しい(笑)

そうそう、今日、まゆっちょのラジオ番組、HAPPY MAKERに出演しますよ!!皆さん、伊藤をいじくるお便りぜひくださいね。伊藤は何を言われても笑ってしまうんで、つっこんだお便りで全然もかまいませんよ。

で、毛ガニは全部食べましたよ。もちろん黙りこくってね。一人だから当然の話ですが(笑)。おばあちゃん、ありがとう。

a119a985.JPG朝練チバポ練習

チバポ本番

まゆっちょの練習


長い一日が終わった。朝、miifyさんに「いろいろやりすぎじゃない?」と心配されたけど、たぶんこれくらいが自分はちょうどいいんだと思う。たぶんクオリティはある程度忙しさと正比例すると思っているので。ある程度は、ですよ。

正直充実した一日だったなぁと感慨にふけったりしているのです。いい一日だった。

音楽で食えたらどんなにいいだろうな…。

さておき、皮肉にも、今日の夜は若干時間がある。一人打ち上げ&告知をしっかりしなくちゃ。

2/28には我々「天龍(仮)」の初ライブがいつもお世話になっているボーノである。もうお客さんが付いている、本当に恵まれた環境。頑張ります。

もちろんソロでも歌いますよ。午後の部にも歌う事になりました。それを含めきちんと告知しますね☆

で、今日はこのライブ。

「涙の温度」と「山へのぼろう」でサポート。結構、いい出来だったのではと思います。「山」は録音されているときにかぎって細かいミスがあったけれど、今回はよかったんじゃないでしょうか?これをぜひアップして欲しいですね。

ゲストの松本卓也さんは21歳のシンガーソングライター。僕は22歳で歌い出したので、そう考えると驚異的です。どんなアーティストになってゆかれるのでしょうか。

声が素晴らしく、まず、中低音がズンときて、それだけで無二の個性を感じたのですが、かとおもうと、高音もすごく透明感がある、素晴らしいアーティストでした。

失礼を詫びて、先に帰らせていただき、まゆっちょとのユニットの練習に向かっています。

曲はラジオから録音して、かなりアレンジを詰めていたのだが、本番二日前に「コントのBGMよろしく」と弱さんからTEL。

「○ジオ体操第一」の音楽が必要とのことで、ひたすら練習するが、結構覚え切れなく「イヤホン付けてやっていい?」と申し出たら「全部じゃないから」と。早く言って〜。

本番、イントロぐちゃぐちゃで「ねぇ、弾き直して良い?」の「ね」まで出かかった時、笑いが起きた。助かったよぉ。

弱さんの伴奏は意図した感じに出来たので満足。自分も3曲歌わせて貰いました。

・好きな名前
・クッキー
・湖上


久しぶりに来た本多君に「うまくなったね」と褒められた。ファンになってくれた方もおられて、なんか手応えを感じた。僕は夢中に歌うとダメみたいだね。ちょっと冷静くらいの方がいいみたい。

↑このページのトップヘ