2008年08月

フルトベングラー(岩波新書)

岩波新書何周年化で復刊された。面白いよ。

クラシック・ランキング←クリックプリーズ

5
◆アナログを蘇らせた男/森谷正規

最高に面白かった。多分今後の自分の価値観にも深い影響を与え続ける本だと思う。



以下考察


アナログを曲線だとすると、デジタルは点の集まりである。

アナログの曲線をきちんとコピーするにはアナログでしかありえない。

デジタル録音のアナログ盤というのは土台ナンセンスな話だ。最近のアナログ復刻や、アナログでも出すアーティストも、詐欺だと思う。アナログで出すならアナログでマスターを作らなければ意味がないのだ。

デジタルは劣化しない(らしい)。よって、往年のアナログマスターをデジタルに移行する作業が1980年辺りから、レコード会社一斉にスタートされた。考えてみれば暴挙である。線を点に変えてオッケーとしている訳だから。セザンヌの原画をカラーコピーして、それでよしとしている訳だから。コピー済みのアナログマスターは破棄されたものも絶対にあるだろうと思う。点から線は二度と作れない。

よって、LPで聞く際には、その1980年くらいより前のものを選ばないと意味がない。点・音源をどんな媒体でも点でしかありえない。

コピー技術も劣っていたサブ・サブ・マスターのようなものから製盤した日本版だろうが、線を1度も「点」にしておらず、CDにはない暖かみを僕は感じる。点のシャキシャキより、線のモコモコの方がよほど愛しい。

ad67fd2e.JPG昨日海行った

私の母は、父に

「ヘイリー買って来て」

と言われ、小林香織の、

シャイニー

を買って来た間抜けな人です。

f3753388.JPG海行った。着いたの5時。実家に帰っていたので。

浅瀬で泳いだ。浅瀬は no クラゲ。波が高かった。5時以降に浅瀬を遠泳するかな。

a2cc336b.JPGおととい。6日。

クラゲに刺されまくった。早くないか?何となくお客さんの引きも早い。写真は夕刻。

帰りに工藤さんたちと飲み会。辞めちゃう方が。でも、だからこそ新たな出会いが…

51fb4129.JPGでした、昨日は。ちょっと肌寒かったかな。

↑このページのトップヘ