2008年06月

昨日は親戚の叔父さん叔母さんに連れられ山梨へさくらんぼ狩りへ。当初イチゴと勘違いしていた。朝5時起だ。そんな時に限って3時頃となりの部屋から音楽に合わせて机をコツコツ叩くエイトビートで起こされる。ビートに合わせて壁を叩いたら静かになった。たく。

02c25ede.JPG


どっかのPA。まだ8時頃か?

で、目的の場所に付く。

17827bfa.JPG


見事な盆地。写真からは伝わらないが、意外に蒸し暑い。

今年は不作らしいが、四人の胃袋を満たすには十分な量だ。

ccf7f143.JPG


おいしそう。

中国人の大家族が来ていて、持ち帰り不可のさくらんぼをたくさん詰めていた。中国人だから嫌な気分というわけではなく、(言語的)無知を武器にしているのが不愉快。と思ったら叔母さんも詰め始めた。

c1db82db.JPG


モー娘。(初期)

腹もいっぱいになったので、妹と種を飛ばして遊んでいたら、中国人のハーフっ子も参戦。子供は無邪気で良い。

その後温泉へ。事前に知らされておらず、もし知っていたらこちらをメインにコンディションを整えていたかも。「そうゆう人達」がまたいた。欲張って浸かり過ぎ、疲れがどっと出、帰り&帰った後ずっと眠っていた。

0d7fa599.JPG


意味深長な看板。「そうゆう人達」は多いのかもしれない。さいなら。

9a90e0f2.jpg…の第1楽章を聞いてる。鳥肌立ちまくり。というか初校なんだ。このゾクゾク感は、初めて聞く初校のせいかなのかヤングの指揮のせいかはよく分からないが。

僕は妹の部屋の散らかり具合や、女性の仕事の仕方などを拝見し、女性には指揮という仕事は到・底・無・理、とワシを括っていたが、撤回する。

特に、造形をまとめ上げるのに苦労するのではと思っていたが、ヤングは、さらに造形を際立たすためのテンポすら動かす。これがものすごく効果的であり、即興性も感じさせ、ブルックナーの入り組んだスコアに爽やかな風を吹き込む。

こんなに幸せいっぱいで清々しいブルックナーは初めてだ。それは繰り返すが初校の力なのかもしれない。しかし、少なくともヤングに初校の素晴らしさを教えてもらった。初校を聞いたのはこれが初めてだけれど、ブルックナーはやはり初校がベストだったのではと思ったりもしてしまう。

しかし、ヤングはなぜブルックナーを録音したんだろう。ミスターSの全集もあるのに。初校で録音したかったのかもしれないが、もしかしたら、会社が「どうしてもブルックナーなら、初校で差異化を」なんて事かもしれないが、それこそ驚嘆すべき事なのは言うまでもない。

ヤングのブルックナー以外の指揮を想像ができない。ブルックナーの「天然素材」とこれほどまでの適合性を示されてしまうと、ブルックナー以外に何が振れる?とまで思ってしまう。でも、出来るのかもしれない。でも、よくこんな美しいブルックナーを聞かせてくれた。ヤングに感謝だ。いや、ヤングを生んでくれた両親に感謝だ(?)

結論。今までのブルックナー演奏で1、2を争う大名盤であること。これだけきくと、シモーネ・ヤングに天才の称号を贈らねばならないこと。そして、2匹目のドジョウで女流指揮者がうようよ(Virginクラシックあたりから、なんとなく)出てきそうな予感がすること。

最近のりょうたは自己嫌悪におちいってるみたい。

昨日も消化に悪いことを知りながら、てんぷらでざるを食べて、その次の日走れないから。しかも300kclオーバーのパンを毎日間食してる。あとアイスも。

あと、全然起きれない。せっかくブログの更新をお休みしたのに、目覚ましを8回鳴しても今日遅刻しそうでお風呂に入れなかった。ライブのための作曲でピアノを帰宅後弾いているんだけど、それが意外に脳が疲れて、睡眠を欲みたいなんだって。本当かなぁ。

今りょうたは通勤中で最近は「ジークフリート」をよく聞いてる。ジークフリートの歌手の声があまり好みじゃないんだって。豆三郎はこれが原因じゃないか、って思ったの♪

by 豆三郎

4
◆危ない夏のコーヒー・カクテル/クレオ・コイル

このシリーズも4作目かぁ。今までで一番面白かったけど、一番無理があるし強引(笑)。元夫マテオ、ほとんど活躍せず。前作も読み返したかったけど売ってしまったみたいorz

3作目はまだ読んでないから読もうかなぁ。でも舞台は冬なんだよな。

99d0fdd6.jpg◆バードランドの子守歌/ケニー・ドリュー(PCCY-30112)

ピアノ:ケニー・ドリュー
ベース:ニールス・ペデルセン
ドラムス:エド・シグペン,アルビン・クイーン

クラシック事始め、みたいなブログを見た。黙って聞けよって感じだった。

さて「ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド」ビリー・ホリディの名曲。ケニー・ドリューのタッチは晩年にむけて透明感のあるものに変わっていったが、この曲ではそのタッチはそのままに、ブルース・フィーリングを感じさせてくれる。ケニーはビリー・ホリディと競演したことがあるのだろうか?ビリーの思い出話を聞かされてるような、しみじみした良い演奏。晩年のケニーを軽視する方は聞いてみて。

第一、ケニーはヨーロッパに移住してからスタイルが変わったと評す人もいるが、僕はそれを感じない。音の印象は変わったけれど。

あと、晩年のケニー・ドリュー・トリオに共通するのは、構成の工夫である。「ゴッド〜」は最終テーマの変わりに、ソロが置かれ、印象的に終わる。「グリーン・ドルフィン」はアドリブ部で、ベースラインだけはコンポジションを与えている部分がある。こういう工夫が生み出すのは、音楽の形式感であり、それを「クラシカル」と評するのは間違いではないと思う。ただ「クラシカルなタッチ」というのは全く何を意味するか分からない言葉だ。

「中国行きのスローボード」は珍しい選曲で、ソロも今まで聞いた晩年作の中でも出色の出来。バップ魂に火が付いており、ケニー節大炸裂、興奮させられる。小節線を無視するようなケニー節はこんなにも魅力的なんだと再発見するだろう。

真のアドリブとは、いつ聞いても、初めて接した興奮を何回も呼び覚ませてくれるものなんだということがよく分かる。それは、聞き手に取っては、ちょっと浮ついたような不安定感をも肯定してゆくという積極的な行為であり、ジャズを聞く、演るというのは、結局のところ、その姿勢の体得なのだと思う。

クラシック・ランキング←応援してね☆

ケータイの方はコチラ

9bf63c21.jpg◆バードランドの子守歌/ケニー・ドリュー(PCCY-30112)

ピアノ:ケニー・ドリュー
ベース:ニールス・ペデルセン
ドラムス:エド・シグペン,アルビン・クイーン

「まるで春のよう」は何種類か録音がある。確かブルーノートの初リーダー作の10インチにも吹き込んでいたはず。愛奏曲なんだろう。

真っ白なカーテンが音も立てずに揺れているような、静かなたたずまいで、晩年のケニーの心情が表れているようだ。この盤はケニーのレーベル、マトリックスからの未発表音源であり、しみじみと誰に聞かせるでもなく弾いているような感じがする。ニールス・ペデルセンが重音で伴奏を付ける部分があり、とても新鮮である。

ミシェル・ルグランの「思いでの夏」も凛として美しい。ここまで美しく弾かれたら、文句をつける方がひねくれものになるだろう。この盤は録音年代が不明だが、この2曲は完全に「黄泉の歌」になっており、恐らくは最晩年のものではないか?いや、そういうことにしといてください!

ピアノソロの「ジャンゴ」は急に音が窮屈になるが、演奏の貴重さと素晴らしさで「そんなの関係ねぇ〜」。バップ・ピアノ風のソロではなく、なんとスイング時代のストライド奏法でアドリブをカマしてしまっている。これは驚きで、目から鱗でもある。ケニーも「出来るんだな」と確認するためのテイクだったのかもしれない。



・・・ってところで眠りに落ちた。

クラシック・ランキング←応援してね☆

ケータイの方はコチラ

41a0a0b3.jpg◆ベニスの愛/ケニー・ドリュー(PCCY-30110)

ピアノ:ケニー・ドリュー
ベース:ニールス・ペデルセン
ドラムス:エド・シグペン


ベートーヴェンの「月光」の第1楽章がゆったり弾かれているが、ベースラインしか提示されず、いきなりドリューはアドリブになる。最後の最後におなじみのメロディが、霧が晴れるように見えて来るところは結構スリリングだ。

ま、正直、コード進行が単純すぎてジャズには向かない曲だ。プロデューサーの意向を、どのように自分が納得する形に持って行くか、悩んだ結果がこれだろう。ニールス・ペデルセンのソロを引き伸ばすことによって、原曲の雰囲気と、ジャズの緊張感を融合させている。

あともう一曲。「エンジェル・アイズ」マット・デニスの有名な曲。あぁ、こんな曲書けたら死んでもいいなぁと思う。ケニー・ドリューも真剣に取り組まざるをえない感じで、タッチが真剣に聞こえる。ちょっとピリからでいいぞと思うけど、あっさりテーマに戻る。5分はソロを取って欲しかったなぁ。

もう一曲。「枯葉」。アドリブ部が二つに分かれていて、最初はニールスがシャンソン風に伴奏を付けていて、ケニーも小手調べ。そして後半から普通のジャズに。小節内に入るだけの音符を詰め込むケニー節が聞かれるが、あくまで肩の力は抜けている。ちなみにキーはF#マイナーで、枯葉には珍しいと思う。ケニーなりに弾きすぎた曲を新鮮に弾くための工夫なのかもしれない。

クラシック・ランキング←応援してね☆

ケータイの方はコチラ

8caf905b.jpgトランペット:チェット・ベイカー
ベース:ニールス・ペデルセン
ギター:ダグ・レイニー

1979年10月4日のライブ。ちなみにワタクシの年齢、1ヶ月と9日のこと。暇な人は計算してみい。

昨日のニールス・ペデルセンの音が気になって、このCDを取り出したが、バカテクはそのままだが、音はギリギリと硬質さを持ち合わせている。昨日のふにゃけたベース音はなんだったんだろう。

このCDは高校のとき、ディスクユニオンで中古で1000円で買ったな。懐かしい。

そうそう、チェットにも触れなきゃ。全く枯れてません。バリバリ吹きまくっています。50年代のチェットも聞きまちがえない音色とフレーズを持っているけれど、70年代もスタイルは様変わりしたけれど、唯一無二であることだけは変わらない。かすれた音で、音符をまき散らす量が半端なく多い。

ドラムがなくギター入りで、穏やかな雰囲気の好きな盤です。

クラシック・ランキング←応援してね☆

ケータイの方はコチラ

↑このページのトップヘ