庶民派 音楽家 伊藤龍太

いろいろ、書いたり、作ったり、歌ったり

2007年08月

ネタがないw。昨日聞き取りずらいといわれた歌詞をアップします。アタクシの100%の作詞であります。 §ウブめの夏§ 今年の夏は なんだか変なの ドキドキ ワクワク 止まらない ゐやゐや 去年の夏だって同じ ドキドキ ワクワク 「止まらねぇ〜!」 ニワ…
>>続きを読む

今日は初めての東京MiDnightsとのライブでしたw。 1 花火大会〜音頭ver〜 2 夏肌 3 ウブめの夏(新曲) 4 夏の忘れ物 5 祭囃が聞こえる(新曲) 6 ラスト・チャンス〜ツンデレ萌え男の鎮魂歌(レクイエム)〜(新曲) 7 ハトの骨(新曲) 8 忘れてしまおうあの恋…
>>続きを読む

今日は練習ルームに入って東京MiDnightsとの初の合わせ稽古(東京MiDnightsとは・・・大文字を続けて読んでください。はは)。 ボーカル伊藤の実力のなさに唖然…歌ってなかったからな。チーターもパンサーも呆れている(分かる人?はーい)。 家に帰って親子丼に衝動…
>>続きを読む

昨日は編曲で一日と今日の一部が終わりました。最終結果8曲で目標の10曲には届きませんでした。残念ですが仕方ありません。 約12時間ぶっ通し夕飯返上で頑張ってこの結果でした。1曲2時間は掛かるみたいです。残念ながらこれが今の自分の実力です。悔いはないです。 段…
>>続きを読む

夢と現実の狭間 「…何だろう、この美しい音楽は…」と思ったら、タイマー機能で鳴っていた「ミサ・ソレムニス」のアニュス・デイでした。なんて敬虔な体験だろう…。 そんな劇的な二度寝についた伊藤です、おはようございます。 昨日は疲れてて夜の10時頃には床に就い…
>>続きを読む

夏と格闘。 今日もひたすら編曲。お昼だけど、やっぱり縦の線を合わせるにはヘッドホンが必着。かつて耳に当たる部分にビニールコーティングがされていたが、それはとっくに剥げ、スポンジ材が直接耳に当たる。暑苦しい。汗を吸い込み臭くならないか心配。 ピアノの横…
>>続きを読む

2曲編曲を仕上げて、1曲は楽器のバランスの微調整。今出来上がったんだけど、微調整はスピーカーで比較的でかい音量でモニタリングしなくてはならないので断念。もう寝ることにした。 データを消してしまってから、最初の1曲で間違った楽器が録音されているのに気付い…
>>続きを読む

今日深夜に、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキー指揮、読売日本交響楽団、ブルックナー交響曲第4番変ホ長調《ロマンチック》がやっていたね(いや〜ん「戻る」クリックしないでぇ)。 ワタクシ、これ遠〜〜〜〜くの客席から聴いてました。このブログに感想かいてるは…
>>続きを読む

僕の音楽観賞タイムは、遅番の仕事の時は夕食時です。大体クラシックを選びます。聴き応えがあるものを聴きたい。今の僕にとってそれはクラシック音楽だと思うからです(まわりくどいな)。 この時ばかりは集中して聞きたい。そして疲れた精神を癒すのです。 書いてい…
>>続きを読む

もう五年以上歌っている「花火大会」だけど、このたびこの曲を音頭アレンジにしようと二日間くらい苦闘していた。昨日なんとか形になった。 結構思っていた以上に苦戦してしまった。ずっと弾き語りで歌っていたので、基本的にはそれを基準に考えてしまうところがあり、結…
>>続きを読む

ワケあって久しぶりにヌヴー=シュミット=イッセルシュテットを聴いてみた。 僕はこの曲はムター=カラヤンで親しんだけれど、ヌヴー=シュミット=イッセルシュテットもこのコンビに似ているなぁ、というのが一番最初に聴いた時に思った事(7年前くらいか)。今回も余り…
>>続きを読む

毎年恒例の江戸川花火大会に行って来た。 と書いたところで、去年の花火の記録はあるかな?と昔のブログを見てみたけど、毎日書き始めたのは去年のもうちょっとあとだったのでありませんでした。残念。 ちょっと風が強くて疲れたけど楽しかった。毎年見てると別に「本…
>>続きを読む

先日亡くなられました。ご冥福をお祈りします。 やっぱり僕は、小林旭さんの「熱き心に」が印象深いですね。あと「乾いた花びら」もかな。 僕は作詞家からの視線から見て、阿久悠さんのような歌詞は書けない。阿久さんの詩には「節」というものが余り感じられない。「…
>>続きを読む

昨日のつづきみちおさんです。でも直接関係ないかも。 歌劇《ミニヨン》の筋を超速でまとめますと「記憶をなくしていたミニヨン嬢は実はいいとこのお姫様だった」という話です(自分でもこんないい加減なまとめかたでよいのかとは思っています)。 で、話は変わりまし…
>>続きを読む