【視聴】


2016年11月30日に初音ミクのアルバム第二弾「ミクのたべもの」をリリースしました。

この中のライナーに「自分の心を癒すためにこれらの曲を書いた」みたいなことを書きました。

自分で自分を見失っているとき、僕は、自分の音楽に帰ってゆきます。そして、自分の足元を何度も何度も見つめて、そして、また歩き出せるようになってゆきます。

ライナーに書いた予言は、まさにそのとおりで、僕は、これらの音楽に癒され続けています。本当に自分の理想とする音楽を作ることができたと考えています。

このアルバムを完成できたということは、僕の大きな自信になると思います。

次は、きっとまた大きく違った自分をお見せできるのではないかと思っています。自分の「ホーム」をここで完成させることができたから。いつでも帰ってこれる「ホーム」を。

すべて、SONARの付属音源TTS-1と、ほんの少しのD-Proで作りました。

1.ひまわりと落花生
この曲を聞くと、あの初夏のころにトリップしてゆきます。キラキラした最後の青春を描いているのかなぁ。「黄色」というキーワードは、最後の「金平糖」に密接に関係してきます。

2.ミョウガール ショウガール
ミョウガは忘れっぽくなる、ショウガは殺菌する、みたいなことで膨らませて書いたものです。元ネタはアレですよ。このリズムで書いてみたかったんです。

3.さくらんぼう
去年の七夕に一気に書き上げた曲です。CDは歌詞が一部違っています。

4.おかわり
僕と私さんの作詞です。ちょっと技巧的で、小さめの曲を作っていたころの曲で、自分はこういう曲好きです。チェンバロがいい味出してます。このバランスをとるのがとても難しかった。

5.うの花のなやみ
うもれ木せつこさんの作詞。うもれ木さんは、僕の勤めている病院の入院患者さんだったんです。僕が「たべものをテーマにしている曲を作ってるから詩を書いていただけませんか」とお願いしたら作っていただきました。このアルバムに合わせるので、少しポップス寄りに作ったんですが、それが意外に受け入れられてるそうで、通ってるデイケアで流してくれているそうです。

6.他人丼
僕の選んできた人生は、誰かに迷惑をかけ、傷つけてきた人生です。罪滅ぼしというわけではないですが、この曲を書くことで、赦してほしかったのかもしれません。

7.アイスティー
僕と私さんの作詞です。とてもキラキラと素敵で技巧的で、最高の曲なんですが、いかんせんミックスが難しかったです。ミックスがうまくいかなかったけれど、エイヤと出したのがYouTube版で、そのあと少し頭を冷やして、リミックスしたのがCDには入ってます。本当に最高のミックスになりました。元ネタはあれですよ、アレ。

8.コーヒーミル
これも「おかわり」と同じように、小さく技巧的な曲を作っていた時期の曲で、歌詞も自分です。好きな人となかなか性格が合わなかった場合を想定して、その別れの予感を脳内妄想して作ってみた曲です。性格の合わない人ばかり惹かれてしまうのはなぜなんでしょう。これもチェンバロのバランスをとるのが難しかったです。

9.君の好きなレモネード
これは、一番古い曲で、よく自分が歌っていたものです。とてもけだるい歌で、あんま歌ってても楽しくない曲なんですが、意外と受けが良いので、割と歌っているという。またチェンバロ使ってますが、DAWを始める前から、絶対チェンバロを入れようと思っていたのです。

10.カキ氷、キンッ!
R&Bみたいなのは、アルバムに必ず一曲入れるってのは、お作法だと思うんですが(僕だけ?)。CDだと一部歌詞が違います。キーンって音、いい音が作れたと自負しております。

11.かすてらのうた
mashiromuさん作詞。CDに入れるときは、ジョン・レノンの「Love」みたいに、遠くからピアノが近づいてくるようにしようと思って、そうしました。とっても、いい雰囲気になって、マラソンしながら、この曲が流れてくると、おぉ!ってなります。飽きない曲では随一なんじゃないでしょうか。

12.忘れられた金平糖
この曲も大好きですね。いろいろ思い出します。終わりだなーって、感じ。忘れられないんだな〜って感じが自分らしいです。男はみんなそうかな。ダブル・マンドリンがとてもいいと思います。

どういう景色を、これらの曲を聞き手に与えるでしょうか。 


鏡音家の方たち(VOCALOIDの一つです)が来てくださったので、リンさんの方に歌っていただきましたよ。
  


今年初投稿ですが、まぁ、急がず慌てず。




竜

今年は辰年だと思い込んで、辰を年賀状に描いてしまいました伊藤です。
あけましておめでとうございます。(しかも、去年は亀年だと勘違い、そもそも亀は十二支にいない)

去年は、3枚アルバムを出させていただきました。自分のソロ「RI:Cycle」と、初音ミク作品「ミクの本棚」「ミクのたべもの」が、それですが、すこし、作り飛ばしてしまったかな、という感が否めません。

創作の苦しみから、早く逃れたい、という気持ちがだいぶ出ていて、「まぁ、そこそこで」といった、気持ちがあったと振り返ってみれば思います。「ミクの本棚」は、2009年からのオムニバスですから、少し違うんですけど、他の2つは、そんな気がしています。

もっと、苦しまなくては、いい作品はできないんじゃないかな、と思うようになりました。それがアーティストというものでしょうし。

結論を急ぎすぎていたところがあったように思います。急がば回れ、じっくりと一作一作作り上げて、しっかりと認知してもらえるように頑張ります。

今年もどうぞよろしくお願いします。

伊藤龍太 

2016年11月17日 note'n notes LIVE 無事終了いたしました。
たくさんのお客様が来場していただき、本当にありがとうございました。

ライブ中にも説明させていただいた通り、対バン予定だった、【ObaKen】(大場英則(sax)と剣持和郎(g)) の剣持さんが到着せず💦

急遽、note'n notesのワンマンライブとなり、1部と2部に分け、2部は大場さんにも参加していただくという変則の形になりました。

自分としては、非常にリラックスして、演奏出来た楽しいライブとなりました。ピアノの出来は一番いいかも。

そして、羽鳥さんのPAが非常に気持ちがいい。前回は特にそういう気持ちにならなかったので、羽鳥さんも腕を上げているのかも(笑)。

最近、体力も落ちてきたせいか、ピアノもかなり軟らかく弾くようになり、途中で、羽鳥さん(店長)がピアノの音を上げたのに気づきましたよ(笑)。

あと、演奏面で無駄な冒険をしなくなったかな。あくまでオーソドックスに弾く、と。

次のライブは来年の頭くらいでしょうか。その時は、新曲2曲くらいやりたいなぁ。新曲をやらないと、なんか悪い気がしてくる。あくまで、自分は作曲が好きなんです。

たくさんご来場、ありがとうございました。 またお会いしましょう。

そして「ミクのたべもの」よろしくお願いします(笑)。今の自分が詰まっています。
 
●セットリスト

「第一部」
our pace
もみいろのうた
ブルークリスマス
好きな名前(伊藤ソロ)
さよなら黄色い銀杏並木道(伊藤ソロ)
イザベル (伊藤ソロ)
ナカマハーモニー

「第二部」(with 大場英則)
手紙
フォール・イン・ラブ
おばあちゃんのうた
頑晴れ
HappyMaker 

「おまけ」大場英則&伊藤龍太)
ふつうのFのブルース 
50067


ライブ告知です!

note'n notesファンの皆さま、大変お待たせいたしました!

久しぶりのnote'n notesのライブ行います。
以前も2016年2月4日にもライブさせていただいたNAVI CAFEで行います。

navi cafe(ナビカフェ)食べログ
navi cafeライブスケジュール
住所:東京都 新宿区 西新宿 7-22-31 kashiwagi-MURA 1F 
(西武新宿駅から335m)

18:30開場 19:30開演

対バンは
アコースティック・ユニット【ObaKen】
大場英則(sax)剣持和郎(g) 
ブログ等探したのですが、見つかりませんでした。
プロとして活動するユニットだそうで、聞きごたえありそうです。

出演順は決まっておりませんので、ご了承ください。 
チケット 2,000円+2order

音響設備はばっちりなのですが、やや狭いお店なので、ご予約をおすすめいたします。 
mail:ryotaito@hotmail.com 


 

「俺という病」というアルバムに入ります。



 職業選択の自由を吹き込まれ 
僕らは生きてきた
僕はミュージシャンにあこがれて
そしてあきらめた

音楽を愛してる だれにも負けないが
そうでもない人が 音符で食べている

あの人は
ミュージシャンと言うより文学者
あの人は  
ミュージシャンと言うよりエンジニア
あの人は
ミュージシャンと言うよりコレクター
あの人は
ミュージシャンと言うよりセールスマン

面白くないけど この僕も なんとかやっている


どっかの誰かが 「仕事は選べる」と
おっさん 嘘を書くのが おっさんの
お仕事なんですものね

好きなことなのに 仕事は来ないのさ
嫌いなことばかり 仕事は溢れてる

あの人は
ミュージシャンと言うより曲芸師
あの人は
ミュージシャンと言うよりネズミ講
あの人は
ミュージシャンと言うより(てれててって)
あの人は
ミュージシャンと言うより新興宗教

納得いかないけど この僕も なんとかやっている

安易な金もうけ 謎の再結成 
謎の3種類 謎のベスト盤

あの人は
ミュージシャンと言うよりヤク中で
あの人は
ミュージシャンと言うより詐欺師だし
あの人は
ミュージシャンと言うのにクチパクで
あいつらは
ミュージシャンと言う前に 犯罪者

こうなりゃ 一肌脱ぎましょう
素敵な音楽 奏でましょう
クリーンな音譜を 並べましょう

アイム・ア・しがないミュージシャン

↑このページのトップヘ