隔世の感ありです。

heart natureはこちらのアルバムに入ってます
Happiology(ハピオロジー)
note'n notes
伊藤音楽研究所
2015-10-31




 

にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ

にほんブログ村
 
 



【視聴】


2016年11月30日に初音ミクのアルバム第二弾「ミクのたべもの」をリリースしました。

この中のライナーに「自分の心を癒すためにこれらの曲を書いた」みたいなことを書きました。

自分で自分を見失っているとき、僕は、自分の音楽に帰ってゆきます。そして、自分の足元を何度も何度も見つめて、そして、また歩き出せるようになってゆきます。

ライナーに書いた予言は、まさにそのとおりで、僕は、これらの音楽に癒され続けています。本当に自分の理想とする音楽を作ることができたと考えています。

このアルバムを完成できたということは、僕の大きな自信になると思います。

次は、きっとまた大きく違った自分をお見せできるのではないかと思っています。自分の「ホーム」をここで完成させることができたから。いつでも帰ってこれる「ホーム」を。

すべて、SONARの付属音源TTS-1と、ほんの少しのD-Proで作りました。

1.ひまわりと落花生
この曲を聞くと、あの初夏のころにトリップしてゆきます。キラキラした最後の青春を描いているのかなぁ。「黄色」というキーワードは、最後の「金平糖」に密接に関係してきます。

2.ミョウガール ショウガール
ミョウガは忘れっぽくなる、ショウガは殺菌する、みたいなことで膨らませて書いたものです。元ネタはアレですよ。このリズムで書いてみたかったんです。

3.さくらんぼう
去年の七夕に一気に書き上げた曲です。CDは歌詞が一部違っています。

4.おかわり
僕と私さんの作詞です。ちょっと技巧的で、小さめの曲を作っていたころの曲で、自分はこういう曲好きです。チェンバロがいい味出してます。このバランスをとるのがとても難しかった。

5.うの花のなやみ
うもれ木せつこさんの作詞。うもれ木さんは、僕の勤めている病院の入院患者さんだったんです。僕が「たべものをテーマにしている曲を作ってるから詩を書いていただけませんか」とお願いしたら作っていただきました。このアルバムに合わせるので、少しポップス寄りに作ったんですが、それが意外に受け入れられてるそうで、通ってるデイケアで流してくれているそうです。

6.他人丼
僕の選んできた人生は、誰かに迷惑をかけ、傷つけてきた人生です。罪滅ぼしというわけではないですが、この曲を書くことで、赦してほしかったのかもしれません。

7.アイスティー
僕と私さんの作詞です。とてもキラキラと素敵で技巧的で、最高の曲なんですが、いかんせんミックスが難しかったです。ミックスがうまくいかなかったけれど、エイヤと出したのがYouTube版で、そのあと少し頭を冷やして、リミックスしたのがCDには入ってます。本当に最高のミックスになりました。元ネタはあれですよ、アレ。

8.コーヒーミル
これも「おかわり」と同じように、小さく技巧的な曲を作っていた時期の曲で、歌詞も自分です。好きな人となかなか性格が合わなかった場合を想定して、その別れの予感を脳内妄想して作ってみた曲です。性格の合わない人ばかり惹かれてしまうのはなぜなんでしょう。これもチェンバロのバランスをとるのが難しかったです。

9.君の好きなレモネード
これは、一番古い曲で、よく自分が歌っていたものです。とてもけだるい歌で、あんま歌ってても楽しくない曲なんですが、意外と受けが良いので、割と歌っているという。またチェンバロ使ってますが、DAWを始める前から、絶対チェンバロを入れようと思っていたのです。

10.カキ氷、キンッ!
R&Bみたいなのは、アルバムに必ず一曲入れるってのは、お作法だと思うんですが(僕だけ?)。CDだと一部歌詞が違います。キーンって音、いい音が作れたと自負しております。

11.かすてらのうた
mashiromuさん作詞。CDに入れるときは、ジョン・レノンの「Love」みたいに、遠くからピアノが近づいてくるようにしようと思って、そうしました。とっても、いい雰囲気になって、マラソンしながら、この曲が流れてくると、おぉ!ってなります。飽きない曲では随一なんじゃないでしょうか。

12.忘れられた金平糖
この曲も大好きですね。いろいろ思い出します。終わりだなーって、感じ。忘れられないんだな〜って感じが自分らしいです。男はみんなそうかな。ダブル・マンドリンがとてもいいと思います。

どういう景色を、これらの曲を聞き手に与えるでしょうか。 




新曲です。また食べ物ネタだというのは言わないお約束。

作詞:僕と私
作曲:ryo-ta
イラスト:辻織
 

鏡音家の方たち(VOCALOIDの一つです)が来てくださったので、リンさんの方に歌っていただきましたよ。
  


今年初投稿ですが、まぁ、急がず慌てず。




竜

今年は辰年だと思い込んで、辰を年賀状に描いてしまいました伊藤です。
あけましておめでとうございます。(しかも、去年は亀年だと勘違い、そもそも亀は十二支にいない)

去年は、3枚アルバムを出させていただきました。自分のソロ「RI:Cycle」と、初音ミク作品「ミクの本棚」「ミクのたべもの」が、それですが、すこし、作り飛ばしてしまったかな、という感が否めません。

創作の苦しみから、早く逃れたい、という気持ちがだいぶ出ていて、「まぁ、そこそこで」といった、気持ちがあったと振り返ってみれば思います。「ミクの本棚」は、2009年からのオムニバスですから、少し違うんですけど、他の2つは、そんな気がしています。

もっと、苦しまなくては、いい作品はできないんじゃないかな、と思うようになりました。それがアーティストというものでしょうし。

結論を急ぎすぎていたところがあったように思います。急がば回れ、じっくりと一作一作作り上げて、しっかりと認知してもらえるように頑張ります。

今年もどうぞよろしくお願いします。

伊藤龍太 

「俺という病」というアルバムに入ります。



 職業選択の自由を吹き込まれ 
僕らは生きてきた
僕はミュージシャンにあこがれて
そしてあきらめた

音楽を愛してる だれにも負けないが
そうでもない人が 音符で食べている

あの人は
ミュージシャンと言うより文学者
あの人は  
ミュージシャンと言うよりエンジニア
あの人は
ミュージシャンと言うよりコレクター
あの人は
ミュージシャンと言うよりセールスマン

面白くないけど この僕も なんとかやっている


どっかの誰かが 「仕事は選べる」と
おっさん 嘘を書くのが おっさんの
お仕事なんですものね

好きなことなのに 仕事は来ないのさ
嫌いなことばかり 仕事は溢れてる

あの人は
ミュージシャンと言うより曲芸師
あの人は
ミュージシャンと言うよりネズミ講
あの人は
ミュージシャンと言うより(てれててって)
あの人は
ミュージシャンと言うより新興宗教

納得いかないけど この僕も なんとかやっている

安易な金もうけ 謎の再結成 
謎の3種類 謎のベスト盤

あの人は
ミュージシャンと言うよりヤク中で
あの人は
ミュージシャンと言うより詐欺師だし
あの人は
ミュージシャンと言うのにクチパクで
あいつらは
ミュージシャンと言う前に 犯罪者

こうなりゃ 一肌脱ぎましょう
素敵な音楽 奏でましょう
クリーンな音譜を 並べましょう

アイム・ア・しがないミュージシャン



初音ミクのマスタリングも終えて、さっそく次のアルバムに「アラサー」に取り掛かかっています。今年中はさすがに無理だとは思いますが。自分が歌おうともいます。だいぶシンプルに行こうと思います。

その一曲を録りました。イザベルという曲です。

初音ミクを使うのも、曲の良さがストレートに出て、とっても面白いんだけど、あえて、人間の声で歌う意味は、「情感【エモーション)」の一言に尽きると思います。

情感の溢れる曲集にしたいです。

あと、前にとん挫したアルバムも、出そうと思っています。「謎の三種類」というタイトルのものでしたが、タイトルを変えて「自分という病」 というタイトルにしようかと。

これらの曲に最近、非常に自分が癒されまして、それほど無価値な曲ではないのかなと思えるようになってきたからです。 録音はほとんど80パーセント終わっています。

どっちが先に出るかは、まだ考えていません。

よろしくどうぞ。 

11月30日発売の初音ミクのアルバムも、どうぞよろしく。amazonが使えない方は、連絡いただければ通信販売も致します。

ミクのたべもの(頒布CD-R)
ryo-ta
NOEQ RECORDS
2016-11-30

 
ハイライト
 

ミクのたべもの(頒布版CD-R)
ryo-ta(伊藤龍太)
NOEQ RECORDS
2016-11-30


詳細はまたあとで〜。


歌手、伊藤ともんさんのアルバムを紹介させてください。

伊藤ともんさんは、岩手県出身の歌手。私と親戚関係ではないです、たぶん(笑)

出会いは、インターネット上。

私が宮沢賢治の詞にメロディを付けた「雨にも負けず」をYouTubeで発見していただいて、ライブで歌っていらっしゃるという旨のメールをいただいたことがきっかけです。

 

また、その数年後、「今度アルバムを出すので、ぜひ収録させてほしい」とメールが来たので、どうぞよろしくお願いしますと返事をしました。

そして、とうとう、2016年10月5日にCDとして発売されました。

プロモーションビデオはこちらです。 

 

「雨にも負けず」の部分は、「一日に玄米四合と〜」の部分のみなんですが、この語り口が、僕の作曲の意図を完全にとらえており、非常に感動しました。

さらに、おまけで、このプロモーションビデオの一番最初に流れるメロディも「雨にも負けず」のイントロを使用しているみたいですね(笑)。うれしいなぁ。

ぜひCDで全編聞いてみてくださいね。

何度もライブのお誘いをいただいており、その折に都合がつかずにお断りしていたのですが、ぜひ、生で聞かせていただきたいものです。
 




 


これで、初音ミク2ndアルバム「みくのたべもの」の全曲そろいました。

11月30日発売に向け、鋭意マスタリング中です! 
お待ちくださいませ!


アルバムダイジェスト

 
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへにほんブログ村 音楽ブログ 音楽ユニットへ
クリックにて当ブログへの応援お願いします。
どれか1つで大丈夫な仕組みです。
リンク先は、同カテゴリのブログ集。 

↑このページのトップヘ