初音ミクの新曲、「あいのう」です。

note'n notesの最後に完成した曲ですね。天瀬さんには許可をもらってます。

note'n notesバージョンよりコーラスを複雑に、さらに一番最後に「語り」が入ってます。ここが格好いいと思うのね!

イラストは、「ミクのたべもの」でもイラストを描いてくれた藻中くんです。

来月のVOCALOID曲は、やっぱり僕が歌ってた曲を歌わせる形になります。男声のVOCALOIDでね!

お楽しみに〜。

にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

PICTOGRAPH
こじまいづみ
ブラントンミュージック
2007-05-01


こういうアルバムが作れたら死んでもいい。

このアルバムを受け入れられないヤツは死んだ方がいい。

…いや、死ななくてもいいが、俺の目の前に表れないでほしい。

それだけ、現代人の心は荒んでいるのだ。

意識してなかったが、RI:Cycle(リ・サイクル) [CD]はこのアルバムの影響をたぶんに受けているかもしれない。

こじまいづみ、天才、愛してる!!!

にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村


M.I.U. / L.A. Album
Beach Boys
Capitol
2000-07-29


ビーチ・ボーイズの名盤は数あれど、

結局はこの盤に収束してゆく。

え!?だって?

じゃあ逆に問うが、お前の連れ添ってる奥さんは、完全無欠の人間か?

そうではあるまい。

少し腹が出てたり、シミがあったり、性格が悪かったりするだろう。

そして、そういうところに、いとおしさを感じるのだろう?

音楽だってそうだ。

名盤を名盤というのは簡単だ。美人を美人というのが簡単なことと同じことだ。

美人でもない、何かよくわからないけど、惹かれる、

そういうものを持てる方が、どれだけ幸せか。

お前が愛しているものが、どれだけ、自分で選んだものでないものか、

よーくお前らは考えたほうがいい。

ブライアン・ウィルソンが精神病のリハビリを受けて復帰してしばらくした作品。

ほとんどの曲で作曲しているが、プロデュースまで完全に仕切ったのは2曲のみ。

その曲の、完全無欠さ…。

でも、それが全編にわたっていたら、きっとこれほどの名盤になっていなかっただろう。

他の曲は、ブライアンの曲をメンバーで何とか形にしようと頑張ったものがほとんど。

その「ゆるさ」だけどど、根本の「才気」はゆるぎない。

その二つの要素が混ざりあい、

何とも不思議な魅力を発していることか。

全盛期のビーチ・ボーイズは確かに素晴らしい。しかし、切れ味が鋭すぎる。

このアルバムは、メンバーによってオブラートに包まれている、

それがいい。

こういう響きを持ったアルバムは、これ一枚であり、とても好ましいバランス感覚を醸し出している。

1990年に一度再発された。しかし、それは、2曲目とラストがミックスが違っている。

オリジナルで行きたい。2000年の再発盤を買うべし。

特にラストのマイクのボーカル、そしてストリングスの美しさ。

そしてコーダに出てくるコーラス、そして、スネアの美しさは涙が出る。

ブライアンの曲ではないんだけれども。

てめぇの感性を信じろ。それだけだ、俺が言いたいのは。

にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ