作業療法士でシンガーソングライター 伊藤龍太のブログへようこそ。
上記メニューバーからコンテンツを選んでください。

ブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとランクが上がっていって、露出が上がって、うれしい仕組みです。
ぜひ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


未来に行こうが、過去に行こうが、勝手だけれど、

だれでも想像できる、月並みな結論(家族愛)に、

鑑賞者がどんどん追い詰められてゆく時点で、まったくファンタジーではない。

昔、サンボマスターの山口さんが、

はっぴいえんどの「朝」を「ロック」と言ってしまっていたのと似ている。

静かでテクニカルな曲を、「ロック」として提示したこと自体が「ロック」ですね!

といったことだったんだけど。大滝さんに呆れられててね。

この映画も、そういった、「物語の弱さ」や「決まってなさ」や、

「声優の不適切さ」、そして、聴衆からの受け取られ方、

全部をひっくるめて「ファンタジーなんです」と表現者側が言ってしまうことは、

とーーーーーーーーーってもズルいことですし、

そうなると「表現者」とは何?って話になってしまうのね。

第一そこまで作者は考えてなかろうよ。

奥は「ぽにょ」と比較論じてたけれど・・・。

はぁ、怒りにも似た気持ちが、しずまらない。

hotshot

終わりましたー。

心は緊張していないつもりも、終演後に胃がキリキリと痛み、
本日の仕事に支障が出ました。

この痛みは懐かしい。
note'n notesというグループを組んでいた時の、
四谷天窓の初ライブ、終わった後に、かがむほど胃が痛くなった。
心は大丈夫なつもりなんだけどね。

ほんと、無自覚の病気には気を付けよう(そこ?)。

みんな、いつものようにかっこよくて、
自分も、もっとかっこよくならなければ、と思います。

写真は、黄昏のビギンの演奏のシーンです。
ベーシックなアレンジを進言させていただいた思い出のある曲となりました。

このライブを最後に、死んでもいいワを去ることとなりました。
貴重な体験をさせていただいて、本当にメンバーの方々には感謝しています。

このバンドで得た経験をもとに、
私も、ソロを頑張っていこうと思います。
そして、今度は、自分のバンドを持ってみたいとも思います。

今年もあと半分おわりました、頑張っていきまっしょい!!


にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

結婚するということは、二人で生活を成り立たせる、ということだと思う。

その「二人の生活」が楽しいという上にあって、

はじめて、あかちゃん、というのがあるのだと思う。

今回、若い夫が「あかちゃんがほしいから離婚する」という言うことは、

それまでの「二人の生活」は、簡単に「捨てられるもの」としか思っていなかったのか。

生活実質がそもそも希薄だったのか。

シングルマザー、シングルファーザーが珍しくなくなって、

結婚の持つ意味合いが希薄になった中、

「二人の生活」の持つ意味は結婚においてとてもおおきくなっていると感じる。

ーーーーーーーーー

「赤ちゃん」、という偶像に恋してる人は多い。

しかし。恋なんて、すぐなくなるものだ。

残るものは「生活」だ。

生活を作り上げられない人間には、人を育てることなんか出来ないだろう。

「赤ちゃん」を「恋」と置き換えてもよい。

にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村



NIAGARA CONCERT '83(通常盤)
大滝 詠一
SMR
2019-03-21


大滝詠一、とてつもなく巨大なアーティスト、

100人が語ると100通りの大滝詠一像が浮かび上がる。

そして、語り手の力量もあぶりだされてしまう、こわーいアーティスト。

さて、このページをご覧になってる方は、もう、このアルバムについての説明は不要だろう。

でも、とりあえず書く(なんだそれ)。

大滝詠一作品で、初めての、純粋なライブ作品。

これをどうとるか。

あなたは期待するか?

僕は、正直、期待しなかった。

お叱りを承知の上に書こう。

大滝詠一のボーカルのファンがたくさんいるのは知っている。

しかし、僕にとって、大瀧詠一とは、プロデューサーであり、作曲家であり、編曲家であり、勉強家であり(笑)、ニヒリストであり、ミステリーであり、楽天家であり。

「ボーカル」は「余技」と思っていた。

自分の中の順位としては、だいぶ下。

ブライアン・ウィルソンのボーカルに期待しないのと同じ理由である。

だから、繰り返す必要はないが、繰り返すと(なんだ?)、このアルバムは期待しなかった。

しかし、聞いてみて・・・

すばらしかった。



このアルバムの個人的な聞きどころは、この二つと思う。

    1. ゴージャスなナイアガラサウンドが、ライブでどのようにアレンジされるのか?
    2. どのように大滝詠一は歌うのか?
1.ナイアガラサウンドが、ライブでどのようにアレンジされるのか?

ライブにおいて、ゴージャスで、繊細で、透明な、ナイアガラサウンドを再現するのは不可能である。

ウィーン・フィルがムジークフェラインザールとセットとなっているように、ナイアガラ・サウンドはミキサーの中にしかいられない。

・それが人数制約のあるライブではどうなるのか。

・バランスのとりにくいライブではどうなるのか

(バランスがとりにくいからこそ、氏はライブが好きじゃなく、ヘッドフォンコンサートという荒業で、バランスまで支配しようとしたのではないか?と僕は思います)。

つまり、ライブで再現した音(残した音)こそが、ナイアガラサウンドの一番重要な骨格なのではないか、と思ったのである。

結果、人数が減っても、ナイアガラはナイアガラであった、ということだ。

大滝さんのアレンジは、基本的には、ヘッドアレンジであると思っていたが、ライブ音源を聞いて、細部まで、「キメ」ていることがよくわかった。そして、その「キメ」があると、「ナイアガラ」っぽさを増すのだ。

「雨のウェンズディ」でギターソロがまるまるコピーであるのに、驚いた。大体は、ライブではアドリブに任せるのが普通だと思うのだが。しかし、オリジナルにはないオルガンが入ったりもする。

レコーディングでは、もしかしたら、ヘッドアレンジで、それで「キマ」ったものは、もう崩さない、というのが、実際に近いのかもしれないと思う。どこかの本に、大滝さんのアレンジは基本ヘッドアレンジだった、みたいな文章を読んだ記憶があるのだが、間違いかもしれない。

しかし、大きく、アレンジを変えている曲もあり、まずは、冒頭のインストの5曲(長い!!)、Niagara Song Bookのアレンジと少し違っているようだ、たぶんね。

(余談ですが、この5曲は、大滝さんの歌を聞くには、飛ばして聴いてもいいが、これを込みで聞くと、大滝さんの登場をじらされたであろう、当時の聴衆の気持ちになれ、臨場感がさらに味わえますヨ)

そして、「FUN×4」は、アレンジをシュガーベイブの「SUGAR」のような、ちょっと遊びも入れ、終わり感を強調。そして、ラストの「君は天然色」は、キーを下げて、それでもさすがにキーの高い曲なので、大滝さんは辛そう。あくまでアンコール的な扱いか。

まとめ、である。

スタジオ録音の、ち密さ、派手さ、繊細さ、迫力、には全然及ばないのだけれど、実は、その「キメ」に我々は酔っていたのだということに、気付かされることになる。つまりは、アレンジの巧みさである。

耳を澄ますと、パーカッションも、キチっと制御されているのに気づくだろう。そして、その、パーカッションの「キメ」で、濃厚なナイアガラを感じるに違いない。

フィル・スペクターのウォール・オブ・サウンドから派生した、ナイアガラ・サウンドであるとは思う。

しかし、私は思うのだが、ウォール・オブ・サウンドは、フィル・スペクターによる、ひと時代、いやふた時代前のオーケストラの独裁指揮者のような、異常なテンション、集団の力動が実は一番必要なものなのではないか。ジャック・ニッチェのアレンジだけでは、ウォール・オブ・サウンドにならないのだ。

しかし、ナイアガラ・サウンドとは、もっと、おおらかで、開放的であり、民主的で、そして、そこでの、民主的な最良の結果を「キメ」たものが、ナイアガラ・サウンド、なのではないかということ。

音の厚み、美しさ、冷涼さ、などに、酔っているようで、実は、その「キメ」に私たちはトキメイていたのではないか。

骨格だけ残した、ライブ録音で、こんなに胸をワクワクさせるということは、もう、それしかないのである。

次。

2.どのように大滝詠一は歌うのか?

に関しては、また後日、ここに書き足す。今日はもう寝る。


おまけ、予想しなかったうれしいこと。

・ヘッドフォンで聞くと、音がキレイーーーーーー✨ ライブはヘッドフォンで聞くとがっかり、というものが多いけど、これはキレイだ!また別の楽しみ方が出来ますよ。


・・・・・・・以上、1枚目でコレである。

2枚目だが、これを語る資格を私は持たなそうなので、割愛。失礼!



NIAGARA CONCERT '83(通常盤)
大滝 詠一
SMR
2019-03-21



にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

!ライブ告知!

キーボードで参加させていただいている、
愛のバンド 死んでもいいワ が、2度目のライブ行います!
ぜひいらしてください。

2019.05.25(土)最初に書いた曜日間違えてました💦
​場所:大久保HOTSHOT

時間:open→18時/start→18時​30分
   死んでもいいワの出演は19時30分頃​
​料金:charge¥1,500+1D(¥500)

チケットご希望の方は、私にメール掲示板で連絡していただいたり、
死んでもいいワのホームページから予約されてください。

練習風景なぞもアップされました。



ぜひおいでくださいマセ!

休みの日にコツコツと歌入れを続け、

やっと、メインボーカルを全部取り終えた!!やっほーー!!

細かい直しとかあると思うけれど、とりあえずひと段落。

休みの日と言っても、日曜は奥様がいるので、出来ないし、

出来るのは平日の休みに限られている(貴重なのだ)。

しかしまるまる時間が空いているわけじゃない。

午前中は、洗濯や食器洗いや掃除などに追われている。

いつもは、午後から準備練習を初めて、歌い出すのだけれど、

今日は午前中、家事をしながらやってみようかと。

そのほうが時間の節約になるし。

練習のメニューで、「鼻歌」で音階練習というのがあるのだけれど、

これが、とてもキツイ。

しかし、皿洗いしながらこれをやってみたら、全然楽なのだ。

練習だ、と意気込むと、変に力みが出てしまうのかもしれない。

マイクテストをして、あまり自分では感じなかったけど、マイクのノリはよい。

練習で、良いコンディションが作りあがった。

そして、ご飯を食べ、午後から歌入れ。2曲入れることができた。

あとは、オケの編曲の完成と、ジャケット制作である。

待っててくださいね。

その前に5月25日に、僕が参加しているバンド、「死んでもいいワ」のライブがあるので、それもぜひ来てね!

↓これは1st
RI:Cycle(リ・サイクル)
いとうりょうた
伊藤音楽研究所
2016-01-30



にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

2ndソロアルバムのボーカルトラックを録音中です。

仕事が休みの時にちょいちょいやってます。

かなりパワーアップした姿をお見せできると思います。

8月には発売できると思います。

楽しみに待っていてください。


1st ソロ
RI:Cycle(リ・サイクル)
いとうりょうた
伊藤音楽研究所
2016-01-30




にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村




教育が一番大切だと思う。

にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村



新曲です。本多くんとの共作です。
この曲を皮切りに、アルバムを作ってゆきます。
応援よろしくお願いします。

「あなたのうた」

作詞:本多広奏
作曲:伊藤龍太

そういえば 気付けばぼくも
初めてあなたが愛を知り始めた年齢になった

けれど一体いつまでたっても  
憧れは遠く
丸くなる心だけは似てきたのかな

あの日あなたが聴いていたうたを今聴いているよ
どんな思いを抱いたの?
あの日あなたが聴いていたうたを今聴いているよ
ぼくも同じ思いを抱けているの?
今も同じ思いを抱いているの?

スクランブル 歩けば肩を
ぶつけぬ術を知ったような人ばかりだ

立ち止まった時そこにいたのは
不器用に生きる
だからこそ強く愛を求め続けたあなただった

あの日あなたが歌ったうたを今聴いているよ
誰を想って歌ったの?
あの日あなたが歌ったうたを今聴いているよ
ぼくも誰か想い歌う日が来るの?
今も同じ想いで歌っているの?

あの日あなたが歌ったうたを今聴いているよ
今も誰かのそばで歌っているの?


にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村


よろしくね。


にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村



IOCの竹田会長への疑惑は、フランスからの報復なんじゃないでしょうかねぇ?

にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村



年始からどうしようもないニュースが飛び込んできて、いやになります。


にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村



大晦日に新曲投下しました。

貴乃花元親方と川谷絵音さんに捧げたいと思います。

よいお年を!


にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)
大滝 詠一
SMR
2016-03-21


今日は大瀧詠一師匠の命日。

奥と音源を聞いて、悼んでおります。

大瀧師匠が望んだわけではない、このアルバム、

ロンバケやイーチ・タイムなどの完成度には遠く及ばないわけですが、

そういったアルバムの方が、大瀧さんの息遣いややりたいことが

よく伝わってきて、逆にファンには嬉しいという。

残されたものは、全部聞いてみたい、そういったファンに囲まれてますよね。

(というか、「育成」してしまったわけでしょう)

「GO GO NIAGARA」なども聞きましたが、

若いころには聞こえてこなかった音や、聞くポイントが変わってきて、

若いころの自分の耳を恥じたりするのです。

昔の時代にタイムスリップさせる音楽はたくさんありますが、

また新たなことを学ばせてくれる音楽というのは、そう多くないなと

40歳を前にした自分には言う権利が少しはあるかなと。

すばらしい音楽をありがとうございます。


にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ